新大阪のマンション売却・購入|SUMURU > 株式会社ハウスゲートのスタッフブログ記事一覧 > マンションの水回りリフォームをする時期や費用相場は?

マンションの水回りリフォームをする時期や費用相場は?

≪ 前へ|リフォーム済み物件を購入?中古物件を購入しリフォーム?どちらが良いか比較   記事一覧   法人化してマンション投資をおこなうメリット・デメリットをご紹介|次へ ≫

マンションの水回りリフォームをする時期や費用相場は?

マンションの水回りリフォームをする時期や費用相場は?

水回りは10年を境に劣化しやすくなると言われています。
購入した戸建てであれば自由にメンテナンスやリフォームができますが、マンションの場合はどのように対処したら良いのでしょうか?
本記事では、そんなマンションの水回りリフォームについて情報をまとめてみました。
「最近掃除がしにくい」「使い勝手が悪い」と感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

マンションの水回りリフォームをおこなうのにベストな時期

マンションの水回りリフォームをおこなうのにベストな時期

マンションに限らず、水回りは10年を過ぎると劣化してくると言われています。
そのため、定期的にメンテナンスをしたり状態によってはリフォームも必要になってきます。
たとえ目立った損傷がなくても、下地材や土台に問題があるケースも少なくありませんから、安心して生活するためにも水回りは常に意識しておきましょう。
ここでは、リフォームにベストな時期についてご紹介します。

20年経ったらリフォームを検討しよう

冒頭でも述べたように、水回りは10年経過すると劣化してくると言われています。
もちろんマンションによって差はありますが、掃除が大変、使い勝手が悪いと感じたら「そろそろリフォームが必要な時期」と思っておきましょう。
20年以上経っていたら、とくにリフォームは必要不可欠です。
見た目にも不具合が目立ってきますので、有無をいわず新しいものに替えることをおすすめします。

見た目の変化について

10年程度であれば、まだ目立った傷や汚れはないかもしれません。
とくに定期的にメンテナンスをしているマンションであれば、10年以上経っていても綺麗な状態を維持している場合もあります。
ただ「まだ使える」からと放置しているとどんどん劣化が進みますので、リフォームの時期がきたらたとえ目に見えてわかる傷や汚れがなくても水回りの見直しをしましょう。

とくに水漏れは注意

リフォームの時期でとくに意識したいのが「水漏れ」です。
下地材や土台は普段目に入らないため、どうしても気づかない方が多いと言います。
そのため、「気づいた頃には手遅れ…」なんてことは少なくありません。
だからこそ、定期的なメンテナンスや節目でリフォームする必要がありますが、なかでも見えない場所は知らず知らずのうちに腐食や劣化が進んでいる可能性が高いので、しっかり確認しておきましょう。
放置していると修繕費にも影響しますので、まずは10年目でメンテナンスすることをおすすめします。
メンテナンスに関しては、10年以内でもおこなっておいたほうが安心です。
早めの対処が安全性に繋がります。

マンションの水回りリフォームの費用相場

マンションの水回りリフォームの費用相場

いざマンションの水回りをリフォームするとなったとき、費用はどれくらいかかるのでしょうか?
ここではリフォームの費用相場について解説します。
ひと口に水回りといってもどの部分をリフォームするかによって変わってきます。

各水回りの費用相場

水回り全体をリフォームする場合と部分的にリフォームをする場合とでは、当然費用相場は変わってきます。
まずキッチンは、水回りのなかでもっとも費用の差が出やすいと言われています。
機能性を重視したりオプションを追加すると費用はプラスされますし、広範囲に渡って工事するとなると100万円以上はかかります。
相場は50~150万円程度、一部分変更する場合は30万円以内で済みます。
浴室も、キッチン同様費用に差が出やすいと言われています。
たとえば浴室全体を新しいものにする場合、100万円近くかかります。
大がかりな工事になるため、それくらいするのも無理はありません。
しかし一部の工事なら50万円以下で済みますし、バリアフリーにする場合は補助金が出るところもあります。
補助金制度については各自治体に確認してみてください。
洗面台は、他の水回りに比べリーズナブルな費用で工事ができます。
もちろん機能性やオプションなどを重視すると高くなりますが、スタンダードなものであれば20万円程度で済むと言われています。
トイレは、便器の種類で費用相場が変わってきます。
最新機能や人気のものであれば20万円台、機能性を重視するならそれ以上するでしょう。
しかし、比較的リーズナブルにリフォームできるのが特徴です。

安さを重視するならまとめて依頼がお得?

キッチンや洗面台など、ひとつひとつリフォームするよりもすべての水回りをまとめて依頼したほうがより安くなると言われています。
基本的に水回りは同時に劣化するケースが多いですから、将来的なことを考えたら一度にまとめて新しくしたほう安く済むでしょう。
また小さな傷や汚れでもそのままにしておくと、さまざまなトラブルが生じやすくなるので、たとえ目に見えた劣化がなくてもなるべくは同じ時期に工事することをおすすめします。
まとめて依頼をすれば、1ヶ所100万円以上する工事でも合計150~300万円ほどで抑えられます。

マンションの水回りをリフォームするときの注意点

マンションの水回りをリフォームするときの注意点

マンションの場合、水回りのリフォームにはいくつかの注意点があります。
とくに借家はマンションによって管理規約が厳しいところもありますので、勝手にリフォームすることは絶対に避けましょう。

管理規約を確認する

すべてのマンションが工事可能ではありません。
管理規約によっては制限されているところもありますし、大規模ともなれば排水管の移動も必要になるため、より注意が必要です。
そのため、たとえ劣化していても自己判断で新しくすることはできません。
必ず管理規約を確認し、管理組合にも確認しておきましょう。
ちなみに、間取りや床材の変更は難しいケースが多いと言われています。
マンションは給排水管は共有部分になり、勝手に工事を依頼することは不可能です。
床材もフローリングにできない物件もありますので、一度確認しておきましょう。
また、たとえ制限がない物件であっても、水の流れる音を防げる素材のものを選んでください。

実物を確認する

カタログだけ見て判断してしまうと、実物と違うといったことになり兼ねません。
せっかく高い費用を出して新しいものに替えてもらっても損しないように、必ず実物をしっかり確認してください。
たとえば、キッチンなら「身長÷2+5cm」がベストな高さだと言われています。
高さが合わないと腰を痛めてしまう原因にもなりますので、細部まで調べておくことをおすすめします。
また動線をイメージしたデザインにしてもらうことも大切です。
浴室なら水垢やカビが防げる素材を、どんな部屋にも合うように落ち着いた色が安心でしょう。

工期を確認する

工期は、工事の規模によって異なります。
毎日使う場所だからこそ、事前に確認しトラブルのないようにしましょう。
また工期を踏まえたうえでスケジュールを立てることも大切です。
まずキッチンの場合、だいたい2日程度で済みます。
しかし大がかりな工事になると2週間以上かかりますので気を付けてください。
浴室は、3~5日程度です。
全体を変更する場合はそれ以上の日数が必要になりますが、簡単な工事であれば1週間以内で済むでしょう。
洗面台は、早ければ1日で済みます。
スタンダードなグレードならとくに工事日数はかからず、長くても3日程度で終わるので安心です。
最後にトイレですが、水回りの中で一番工期が短いかもしれません。
しかし内装工事が必要な場合は1週間前後かかりますので気を付けましょう。
基本的に、どの場所も簡単な工事であれば数日で終わることが分かりました。
マンションは管理規約で大規模な工事ができないところも多いですが、大きなトラブルに発展する前に綺麗な状態にしておくことはとても大切です。

まとめ

マンションの水回りリフォームについて、ベストな時期や費用相場、注意点などをご紹介しました。
賃貸マンションの場合は管理規約で工事できる範囲が決まっていますが、傷や汚れ、下地材などの腐食を防ぐためにも新しいものに替えることはとても大切です。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|リフォーム済み物件を購入?中古物件を購入しリフォーム?どちらが良いか比較   記事一覧   法人化してマンション投資をおこなうメリット・デメリットをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハウスゲート
    • 〒532-0002
    • 大阪府大阪市淀川区東三国4丁目2-4
    • TEL/06-6395-1570
    • FAX/06-6395-1571
    • 大阪府知事 (4) 第48737号

トップへ戻る

Social network