新大阪のマンション売却・購入|SUMURU > 株式会社ハウスゲートのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却におけるライフステージの変化とは?

不動産売却におけるライフステージの変化とは?

≪ 前へ|不動産売却時の減価償却とは?計算方法や注意点について解説   記事一覧   気付かれずに不動産売却をおこなう方法と媒介契約などの手順について|次へ ≫

不動産売却におけるライフステージの変化とは?

不動産売却におけるライフステージの変化とは?

不動産売却を検討している方にとって、ライフステージの変化が起こるタイミングで実行する人が多いです。
ライフステージとは人生の節目で起こる出来事で、出産や子どもの独立、親の死亡などが挙げられます。
生活の仕方が変化するので、変化後の生活を快適に暮らせるような工夫が重要です。
そこで本記事では、不動産売却におけるライフステージの変化について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却におけるライフステージの変化①出産

不動産売却におけるライフステージの変化①出産

出産をした方や出産を控えている方にとって、ライフステージの変化は起こりやすいです。
どのような不動産売却になるのか、確認しておきましょう。

買い替える方が多い

出産をするライフステージの変化によって、住宅を買い替える方が多いです。
子どもが大きくなることを考えると部屋数を増やす考えになりますが、資金が足らない恐れがあります。
そのため、在住している住宅を売却して、資金にする方法が一般的です。
住宅ローンを抱えている方でも安心で、売却した金額から差し引けば問題ありません。
たとえば住宅を売却した金額が2,000万円で住宅ローンの残債が500万円の場合、残りの1,500万円を新しい住まいの購入金額に充てられます。
築年数が10年以内であれば高く売れやすいので、該当するなら早めに売却へと踏み切りましょう。
不動産売買が活発になるのは春と秋で、売るタイミングも重要です。

資金計画を立てやすい

売却資金を元手にして、資金計画を立てやすいです。
最終的に残るお金はどれくらいか、どこの不動産を購入するかなどを考えて準備できます。
たとえば出産した後に子どもが快適に暮らせる住環境を考慮して、治安が良くて育てやすい場所が最適です。
学校に近いエリア、駅に近いエリア、公園に近いエリアなどを選ぶと子どもも親も安心して暮らせます。
さらに生活に必要な日用品や食料が購入できるように、商業施設へのアクセスが良好な場所を確保すると良いでしょう。
とくに車持ちでないなら坂道がなく、なるべく近い距離にすると買い物が楽です。
また、出産すると妻が動けなくなるので、無理のない資金計画を立てるようにしてください。

スムーズに売却する方法

出産を控えていたりすでに出産をしていたりする状態だと、スムーズに売却したいものです。
手っ取り早いのは不動産価格を安く売却する方法や、市場に出さないで不動産会社に買取してもらう方法になります。
とくに売買活動を1つの不動産会社で済ませば、最後までしっかりとサポートしてくれるのでおすすめです。
売却して購入までおこないたいことを伝えれば、仮物件を借りずに物件の引き渡しができます。
仮に伝えていないと購入で新居の内覧やローンの申し込み、売却で媒介契約や物件の売り出しなどが大変になり、スムーズに売買ができません。
他にも購入も売却も共通して売買契約の締結、手付金、物件の引き渡しなどがおこなわれて時間がかかってしまいます。
購入先行か売却先行かの問題もありますが、ライフステージの変化に合わせて不動産会社にきちんと伝えておきましょう。

不動産売却におけるライフステージの変化②子どもの独立

不動産売却におけるライフステージの変化②子どもの独立

子どもが独立して家を離れるタイミングで、不動産売却を考える方は多いです。
リフォームをしてから売る必要はないので、参考にしてみてください。

老後の暮らしを考慮

子どもが独立してしまうと空き部屋が発生し、手広くなって寂しいと感じる方がいるでしょう。
たとえば1階がリビングで2階が寝室になる家庭の場合、老後になると階段の上り下りが大変です。
スロープ設置をしてバリアフリー工事をする方法もありますが、安全性が確保されたわけではありません。
仮に老後で一人暮らしになったとき、誤って階段を踏み外して転げ落ちてしまった場合を考えてみましょう。
怪我をしてしまったり、意識不明の状態になったりして大惨事になる可能性があります。
そのため、売却をして段差のない安全な物件に住むのがおすすめです。

利便性の高いエリア

子どもが独立したころには老後の生活の準備が必要で、利便性の高いエリアに暮らした方が良いでしょう。
たとえば自宅から商業施設までの距離が遠かったり道が悪かったりすると、足腰に負担がかかります。
今は問題ないと感じる方でも、筋力が衰えて怪我しやすい身体になるので注意が必要です。
理想は普段から利用する施設までが近く、快適な暮らしができるエリアがおすすめになります。
ただし、利便性の高いエリアは人気が高く、費用がかかる点に注意してください。

売却のためにリフォーム

売却をするためにリフォームを検討する場合、メリットとデメリットを理解してから判断しましょう。
まずはリフォームのメリットとして、売れない家を売却できます。
築年数が経過しすぎると資産価値が低くなり、購入希望者が現れにくいです。
そこでリフォームをして整えると印象が良くなって、直感で住みたいと思える物件になります。
しかし、リフォームしてしまうと費用がかかってしまうデメリットがあるため、慎重な判断が必要です。
リフォームをしなくても売却できるケースは多いので、不動産会社に相談して意見を参考にしてみてください。

不動産売却におけるライフステージの変化③親が亡くなった

不動産売却におけるライフステージの変化③親が亡くなった

最後は親が亡くなったタイミングの不動産売却で、手続きが複雑になります。
とくに初めておこなう税金の手続きで戸惑う方がいるので、知識として把握しておきましょう。

家の名義を変更してから売る

親が亡くなって不動産を相続した場合、家の名義を変更してから売る方法があります。
家の名義を変更する理由は、親の名義のままだと売却が不可能だからです。
そのため、戸籍謄本に基づく相続人を確認し、法務局で所有権移転の相続登記が必要になります。
初めて記入する方がほとんどですが、不動産登記の申請書様式には法務局のホームページに記載例があるので難しくありません。
誤って記入漏れで提出しても、窓口の方に返却され、どこをどのように記入したら良いのか教えてくれます。

必要書類

相続登記をするときの必要書類は、基本的に4種類あれば問題ありません。
用意するのは登記申請書・印鑑証明書・住民票の写し、戸籍謄本です。
ただし、遺産分割協議がおこなわれると遺産分割協議書が必要になり、親の遺言が残されていたら遺言書を管理しておかなければなりません。
遺産分割協議書に関しては1枚の紙で相続人全員の署名押印が必須で、仮に相続人が遠くに暮らしていても押印が必要です。
全員が協力的であればスムーズに終わりますが、非協力的だと時間がかかります。
解決策として、各相続人が遺産分割協議書を作成する遺産分割協議証明書に切り替えましょう。
各人が署名押印していれば、遺産分割協議書と同じ効果を発揮します。

売却にかかる税金

親の家を売るときにかかる税金は譲渡所得税、印紙税、登録免許税の3つになります。
印紙税は契約金額によって異なり、登録免許税は固定資産税評価額の0.4%です。
厄介なのは譲渡所得税で、計算に苦戦する方が多い税金になります。
計算は「譲渡所得×税率=譲渡所得税額」になり、譲渡所得の計算と税率の確認が必要です。
譲渡所得が「売却価格-購入価格-諸経費=譲渡所得」で、税率は物件の所有期間が5年以下だと39.63%、5年以上超えだと20.31%になります。
売却したら3,000万円特別控除の特例が使用できるので、どれくらい引かれるのかも確認してください。

まとめ

ライフステージの変化によって、不動産売却の方法が異なります。
人生の節目で起こる出来事なので、手続きに慣れている方が少ないことでしょう。
手続きに不安を感じる方は、ぜひ弊社までお気軽にご相談ください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却時の減価償却とは?計算方法や注意点について解説   記事一覧   気付かれずに不動産売却をおこなう方法と媒介契約などの手順について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハウスゲート
    • 〒532-0002
    • 大阪府大阪市淀川区東三国4丁目2-4
    • TEL/06-6395-1570
    • FAX/06-6395-1571
    • 大阪府知事 (4) 第48737号

トップへ戻る

Social network