新大阪のマンション売却・購入|SUMURU > 株式会社ハウスゲートのスタッフブログ記事一覧 > リフォーム済み物件を購入?中古物件を購入しリフォーム?どちらが良いか比較

リフォーム済み物件を購入?中古物件を購入しリフォーム?どちらが良いか比較

≪ 前へ|不動産投資を始めたばかりの方必見!確定申告に必要な書類や注意点を解説   記事一覧   マンションの水回りリフォームをする時期や費用相場は?|次へ ≫

リフォーム済み物件を購入?中古物件を購入しリフォーム?どちらが良いか比較

リフォーム済み物件を購入?中古物件を購入しリフォーム?どちらが良いか比較

中古マンションを購入する際、すでにリフォーム済みの物件か、購入後に自分でリフォームするのかを迷っているという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、購入後にリフォームする場合とリフォーム済みのマンションについて、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。
どちらを購入して良いのかわからないという方は、両者のメリット・デメリットを比較してみてください。
また、どちらが向いているのかについても触れていきます。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

リフォーム済み物件を購入するメリット・デメリット

リフォーム済み物件を購入するメリット・デメリット

まず最初に、リフォーム済みの中古マンションについてのメリットやデメリットをご紹介します。

リフォーム済み中古マンションを購入するメリット

リフォーム済み物件とは、前の入居者が退去後にリフォームして売り出している物件や、不動産会社が買い取った後リフォームをおこなって販売している物件を指します。
リフォーム箇所は多岐にわたり、物件によってさまざまですが、壁紙やフローリングの張り替え、キッチンやトイレ、浴室といった水回りの設備交換をおこなっていることが多いです。
それではさっそく、メリットについてみていきましょう。

すぐに入居できる
リフォーム済みの中古マンションは、購入後すぐに入居できることがメリットです。
購入後にリフォームをおこなう場合、打ち合わせや工事に時間がかかりますので、すぐに入居することはできません。
リフォームの規模にもよりますが、短くても2か月、長くなると半年ほどかかる場合もあります。
また、リフォームの工事が長引いた場合、仮住まいを用意する必要がありますが、リフォーム済み物件だとその心配がありません。

購入前に実物を確認できる
リフォームでありがちなのが、打ち合わせの時点でイメージが食い違ってしまい、理想の仕上がりにならなかったというトラブルです。
リフォーム済みの中古物件は、リフォーム後の実物を確認できますので購入後のトラブルが起きにくいといえます。
内覧の際、購入後の生活を想像しやすいのもメリットです。

新築同様でもリーズナブル
リフォーム済みの中古物件は、水回りなどの設備、壁紙やフローリング交換がされている物件がほとんどです。
物件によっては、新築同様にリフォームされた物件もあります。
しかし、新築と違って価格がリーズナブルなのがメリットです。

資金計画が立てやすい
リフォーム済みの中古物件は、住宅ローンが1本で済みます。
そのため、資金計画が立てやすいことがメリットといえるでしょう。
購入後にリフォームする場合は、中古物件の購入代金とリフォーム費用で2本のローンを組むことになります。
また、リフォームローンの金利が高いため、資金繰りにも注意が必要となるのです。

リフォーム済み中古マンションを購入するデメリット

次に、デメリットをご紹介します。

希望通りのリフォームではないこともある
リフォーム済みの中古物件は、必ずしも理想通りのリフォームがおこなわれているとは限りません。
そのため、間取りや内装にこだわりたい方にとってはデメリットとなってしまいます。

適切なリフォームではない場合もある
内装が新築同様になっていたとしても、建物の構造は補強されていない場合もあります。
そのため、購入後に問題が発生することも少なくはありません。
購入前にホームインスペクションをおこなったり、リフォームに詳しい業者の方と一緒に内覧して確認することをおすすめします。

防音や断熱が不十分な場合もある
築年数の古い物件は、新築物件や築浅物件と比較すると、防音性や断熱性が低い場合があります。
リフォームで断熱対策や防音工事などがおこなわれていない場合、購入後の生活に不自由が生じる可能性もあるのです。
リフォーム済みの中古物件を購入する際は、内装だけに気を取られず、どのようなリフォームをおこなったのかをしっかり確認するようにしましょう。

中古物件を購入後にリフォームする際のメリット・デメリット

中古物件を購入後にリフォームする際のメリット・デメリット

次に中古物件を購入した後に、リフォームをする場合のメリットやデメリットについてご紹介します。

中古物件を購入後にリフォームするメリット

次に中古物件を購入した後に、リフォームをする場合のメリットやデメリットについてご紹介します。

理想通りにリフォームできる
購入後にリフォームする際のメリットは、なんといっても自分の理想通りの間取りや内装、設備にできるという点です。
そのため、自分の理想的な住まいを作れることがメリットといえます。

本来の状態を確認できる
リフォーム済みの物件は本来の姿を確認することができません。
リフォーム前にどのような問題があったのかを確認することができないため、見過ごしてしまう可能性も考えられます。
その点、自分でリフォームをする場合は、本来の状態を確認できることがメリットです。
工事中に壁の中の様子なども確認できるため、問題があれば対処することができます。

中古物件を購入後にリフォームするデメリット

次にデメリットについてご紹介します。

資金計画が立てにくい
購入後にリフォームをおこなう場合、物件価格に加えてリフォーム費用を用意する必要があります。
予算によっては、理想通りのリフォームをおこなうことができない場合もあるのです。
また、住宅ローンが2本になってしまうというデメリットもあります。
先ほどもお伝えしましたが、リフォームローンの金利が高いので、資金繰りに注意が必要です。

入居までに時間がかかる
購入後にリフォームをする場合、リフォーム工事が終わらないと入居することができません。
そのため、購入後すぐに引っ越しをしたいという方には向かないでしょう。
リフォーム工事が長引いてしまった場合、仮住まいを用意する必要があり、余計なコストがかかる恐れもあります。
また、契約前に完成した状態を見ることができませんので、自分のイメージ通りに仕上がっていないこともあるのです
打ち合わせの際、イメージをしっかりと伝えることが重要でしょう。

リフォーム済み物件と購入後のリフォームに向いている人を比較

リフォーム済み物件と購入後のリフォームに向いている人を比較

リフォーム済みの中古物件や購入後にリフォームするメリット・デメリットについてご紹介しましたが、実際にどちらが向いているのかを考えてみましょう。

リフォーム済みの中古物件に向いている人

リフォームに時間や手間をかけたくない人
リフォーム済みの中古物件は、すでにリフォームされてキレイな状態になっているため、時間や手間をかける必要がありません。
内装や間取りなどに特別なこだわりのない方であれば、リフォーム済みの中古マンションがおすすめです。

資金計画を明確にしたい人
購入後にリフォームをする場合、予算によっては理想通りのリフォームができない場合があります。
物件によっては、構造上間取りの変更が不可能なこともあり、購入してから後悔するケースも少なくはありません。
購入後にリフォームにいくらかかるのかも明確ではないため、資金計画が立てづらいのです。
資金計画を明確にしてから購入したいという方は、リフォーム済みの物件が向いているといえるでしょう。

購入後のリフォームに向いている人

間取りや内装にこだわりがある人
自分の理想通りにリフォームをおこないたいという方は、購入後のリフォームが向いています。
また、構造部分などもしっかりとリフォームしたいという方も、購入後のリフォームがおすすめです。

資金に余裕のある人
購入後のリフォームは資金計画が立てずらいことがデメリットとお伝えしましたが、リフォーム資金に余裕がある方は、購入後のリフォームが向いています。
リフォームの最中に構造や配管などに問題があった場合、追加工事をおこなうことも可能です。
リフォーム資金に余裕がないと、理想通りのリフォームができない可能性もあります。

まとめ

今回は、中古マンションのリフォームについてご紹介しました。
購入後にリフォームする場合のメリット・デメリット、リフォーム済みの中古マンションを購入するメリットやデメリットについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
両者を比較して、メリット・デメリットをしっかり比較したうえで、どちらが自分に向いているのか確認してから購入することをおすすめします。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産投資を始めたばかりの方必見!確定申告に必要な書類や注意点を解説   記事一覧   マンションの水回りリフォームをする時期や費用相場は?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハウスゲート
    • 〒532-0002
    • 大阪府大阪市淀川区東三国4丁目2-4
    • TEL/06-6395-1570
    • FAX/06-6395-1571
    • 大阪府知事 (4) 第48737号

トップへ戻る

Social network