新大阪のマンション売却・購入|SUMURU > 株式会社ハウスゲートのスタッフブログ記事一覧 > マンション購入の決め手になる時期とは?おすすめの間取りや妥協点も解説!

マンション購入の決め手になる時期とは?おすすめの間取りや妥協点も解説!

≪ 前へ|マンションの床の防音対策は?費用と防音性の高い物件を選ぶポイントを解説   記事一覧   売る前提でマンションを購入する場合の物件の選び方を解説!|次へ ≫

マンション購入の決め手になる時期とは?おすすめの間取りや妥協点も解説!

マンション購入の決め手になる時期とは?おすすめの間取りや妥協点も解説!

マンションの購入を検討しているけれど、どのタイミングで決めれば良いかがわからない…と困っていませんか?
購入の決め手となるポイントには、いくつかあります。
ここでは、マンション購入の決め手となる時期や間取りについてご紹介しましょう。
購入時の妥協点もお教えしますので、買うかどうかで悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

マンション購入の決め手になる時期とは?

マンション購入の決め手になる時期とは?

マンション購入の決め手になるポイントのひとつが、時期です。
では、どんな時期が決め手となるのか、ここで解説しましょう。

消費税の増税

消費税が増税されるタイミングでマンションを買う方も多くいます。
消費税が増税されると、費用が大きく跳ね上がります。
物件は購入費用がとても高いため、2%上がっただけでも金額が大きくなってしまうのです。
増税前に駆け込みで買う方が多くいるため、増税の知らせが届いた時期に購入を決めると良いでしょう。

自然災害が多くなった時期

住んでいる地域で、地震や水害などの自然災害が多くなった時期もマンション購入の決め手となります。
自然災害に耐えるには、耐震性のある家に住まなければなりません。
耐震性には旧耐震性と新耐震性があり、新耐震設計の家のほうが、強い震度に耐えられます。
全国各地で地震は頻発しており、広範囲で被害が出る恐れのある南海トラフ地震も数年以内に起きるとされています。
地震が起こる前に、耐震性能を備えたマンションを買うこともポイントのひとつです。

予算の範囲内で購入できるマンションがいつ出るかわからない

エリア別に、マンションは数多く建築されています。
新築マンションは新しく、設備も充実しているなどの魅力がありますが、価格が高いことがデメリットです。
予算を超えた額では買えないため、購入を先送りしていると予算内のマンションがなくなってしまうかもしれません。
住みたいエリアが決まっており、予算の範囲内で買えるマンションが限られているときが、購入の決め手となるでしょう。

マンション購入の決め手となる間取りとは?

マンション購入の決め手となる間取りとは?

マンションの購入は時期を見ることも大切ですが、間取りも重視しなければなりません。
物件によって間取りは大きく異なり、希望する間取りの物件を検討していたらほかの方に買われてしまったというケースもあります。
ここでは、購入の決め手となる間取りについて解説しましょう。

家族が希望する間取りがあった

家族の希望に沿う間取りを見つけたときが、購入の決め手となることもあります。
間取りを細かく希望していなければ、希望に合う物件は見つかるでしょう。
しかし、買うとなるとそこにずっと住むことになります。
長く住むことを考えれば、さまざまな希望も出てくるでしょう。
希望に沿った物件は、いつ見つかるかわかりません。
長く探していても見つからないこともあるため、希望にぴったりの物件があればすぐに内覧し、購入することをおすすめします。

低層階のマンションが見つかった

マンションは高層階が多いものの、なかには低層階の物件もあります。
高層階は高いところが平気な方であれば良いのですが、苦手な方からすれば住むことに抵抗があります。
苦手な方は低層階のマンションを探すかと思いますが、低層階となるとアパートのほうが多くヒットするため、希望のマンションが見つかりにくいのです。
また、高層階のマンションは、地震が起きたときの不安もあります。
地震が頻発している時期で不安があるなら、購入を見送るべきでしょう。
低層階マンションはさほど多くないため、見つかったときが購入に最適なタイミングかもしれません。

専用の庭付きの物件があった

マンションのなかには、1階の部屋に専用に庭が付いているものもあります。
マンションの多くはベランダしかありませんが、専用の庭があれば庭に洗濯物を干せます。
子どもがいれば庭で走り回ることもできるため、ファミリー物件を買いたい方にぴったりです。
ただし、専用庭が付いている物件にはいくつかの注意点もあります。
専用の庭だからといって、大声を出すと上階の住民からクレームがくる恐れがあります。
また、バーベキューなどをするとほかの部屋に迷惑がかかるため、庭だからといってなんでもできるわけではありません。
ときには上階から洗濯物やゴミなどが落ちてくることもあります。
トラブルが起きる可能性もある物件のため、よく検討することがおすすめです。

マンション購入時の妥協点とは?

マンション購入時の妥協点とは?

購入に最適なタイミングだったり、希望する間取りが見つかったりしたときが決め手となることも多いでしょう。
しかし、購入後に不便さや不満が出てくることもあります。
また、すべての希望条件を満たすことも難しいため、どこかで妥協しなければなりません。
ここでは、マンション購入時の妥協点について解説します。

日当たりの悪さ

専用庭が付いていることが魅力で1階の物件を買ったものの、日当たりが悪かったとお悩みの方も多くいます。
日当たりが悪いと、日中でも電気を付けなければなりません。
カーテンを開けても室内が明るくならないため、部屋全体が暗く感じてしまうでしょう。
どこか一室は日当たりの良い部屋があるかと思いますので、その部屋を普段過ごすリビングにしておくことがおすすめです。

部屋数が少なかった

マンション購入時は子どもが1人しかいなかったけれど、購入後に2人目ができたというケースもあります。
2~3LDKの部屋は、3人家族に最適な間取りです。
子どもが2人になると4人家族になるため、部屋が手狭に感じるかもしれません。
子どもが小さいうちは一緒に過ごすことが多いため、さほど気にならないでしょう。
しかし、子どもは大きくなると自身の部屋を求めるため、部屋の一室を空けなければなりません。
子どもが2人とも部屋を必要とすると、部屋数が足りないという事態に陥るでしょう。
購入時点ではなく、今後の家族人数に合わせて間取りを選ぶことがおすすめです。

収納スペースが少ない

購入の決め手となるポイントがあり、間取りの条件も満たしているけれど、収納スペースが少ないことで悩む方も多くいます。
単身者であれば収納スペースはさほど必要ありません。
しかし、家族人数が増えてくれば荷物も増えるため、各部屋に収納が付いていることが理想です。
収納は物件検討時に重視しておきたいポイントですが、この点を諦める方も多いようです。
妥協した方の多くは収納家具の設置によってデメリットを補っているため、工夫で補える点は妥協したほうが良いでしょう。

物件の階層

マンションは高層階のものが多く、上層階は人気があります。
そのため、上層階を希望していても、希望する階層はすべて埋まっているというケースも珍しくありません。
5階が良い、10階が良いなどの具体的な希望があれば別ですが、上層階であればどこでも良いという方は、ここで妥協するようです。
階層の希望がなければ物件選びもスムーズに進みますし、階層が異なっても間取りが一緒のため、買った後に不便さを感じることもないでしょう。

まとめ

マンション購入の時期は、増税や自然災害が頻発している時期などが挙げられます。
希望する間取りが見つかったときも、購入の決め手となるでしょう。
マンションは数多く建築されていますが、すぐに希望する物件が見つかるとは限りません。
家族全員の希望がそろっている物件を見つけたときこそが、購入の決め手です。
ベストなタイミングを逃さないよう、物件を見つけたらすぐに不動産会社にご連絡ください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|マンションの床の防音対策は?費用と防音性の高い物件を選ぶポイントを解説   記事一覧   売る前提でマンションを購入する場合の物件の選び方を解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハウスゲート
    • 〒532-0002
    • 大阪府大阪市淀川区東三国4丁目2-4
    • TEL/06-6395-1570
    • FAX/06-6395-1571
    • 大阪府知事 (4) 第48737号

トップへ戻る

Social network