新大阪のマンション売却・購入|SUMURU > 株式会社ハウスゲートのスタッフブログ記事一覧 > マンションの床の防音対策は?費用と防音性の高い物件を選ぶポイントを解説

マンションの床の防音対策は?費用と防音性の高い物件を選ぶポイントを解説

≪ 前へ|マンションの水道がにおう原因は?対処法と注意点を解説   記事一覧   マンション購入の決め手になる時期とは?おすすめの間取りや妥協点も解説!|次へ ≫

マンションの床の防音対策は?費用と防音性の高い物件を選ぶポイントを解説

マンションの床の防音対策は?費用と防音性の高い物件を選ぶポイントを解説

マンションに住むうえで、近隣住民とトラブルになりやすいのが騒音問題です。
なかでも多いのは、上の階からの音がうるさいというものなので、下の階に迷惑をかけないためにも、防音対策はしっかりしておきたいですよね。
そこでこの記事では、マンションで手軽にできる床の防音対策と、それにかかる費用、また、マンションの床を選ぶポイントをお伝えします。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

マンションの床の防音対策

マンションの床の防音対策

マンションでの床の騒音は、軽量床衝撃音と重量床衝撃音の2種類が原因であることが多いです。
軽量床衝撃音は、スプーンなどの軽いものを床に落としたときの音を指します。
他にも、フローリングで椅子を引いたときに発生するような音も軽量床衝撃音に含まれます。
この軽量床衝撃音は少しの対策で抑えることが可能となっており、比較的対策のしやすい音です。
それに対して重量床衝撃音は、人が歩くときなど、重いものが床に衝撃を与えたときに響く音のことを言います。
とくに静かに歩くことが難しい子どもがいる家庭などでは、意識して対策をおこなう必要があります。
この重量床衝撃音のほうが対策は難しく、いくつもの防音対策を重ねておこなうことで、多くの方が気にならないレベルまで抑えることができます。
もっとも効果が高いのは床をリノベーションして遮音性の高い素材のものに変えることですが、それには高い費用と時間がかかります。
ここではもっと手軽にできる防音対策をお伝えします。

カーペットを敷く

カーペットを敷くことで、軽量衝撃音くらいは軽減することができます。
フローリングとの間に1枚敷いておけば、椅子を引く音などは階下に伝わりにくくなります。
しかし子どもが走り回る音などに関してはカーペット1枚ではほとんど効果が期待できません。

防音カーペットと防音マットを重ねる

重量床衝撃音に対して防音対策するなら、防音性能が高く作られているカーペットやマットを重ねて敷くことが有効です
1枚だけでは衝撃を吸収しきれなくても、重ねることで効果が高まります。
より防音性を高めたいなら、部屋の隅から隅までキッチリと敷き詰めるのが大切です。
厚みやクッション性のあるもののほうが防音性も高いので、効果を求めるなら厚手のものがおすすめです。

防音グッズを活用する

カーペットやマットなどを敷くことのできない洗濯機下に専用の防音グッズを設置すれば、洗濯機を気兼ねなく動かすことができるようになるかもしれません。
また、テーブルや椅子を動かす音だけを軽減したいのであれば、それぞれの足にチェアソックスやカバーなどを付けると良いでしょう。
今は100円均一ショップやホームセンターなどでも気軽に防音グッズを手に入れることができるので、ぜひご活用ください。

マンションの床の防音性を高める費用

マンションの床の防音性を高める費用

近隣トラブルを避けるためにも、マンションの床の防音対策をするにはどの程度費用がかかるのかご説明します。
ただし、床に関するリフォームはマンションの管理規約で細かい規定があることが多いので、事前に既定を確認しておくことが重要です。
また、リフォーム工事をする前には管理組合に申し出が必要ですのでご注意ください。
防音工事をする際には、可能であればフローリングの張り替え時期に合わせておこなえば費用の節約になります。

防音性の高い床材に張り替える費用

フローリングを防音性のある床材に張り替えるリフォームをおこなった場合、費用は6帖で12~15万円ほどになります。

床材の下に遮音マットを張る費用

床材の下に、遮音性の高いマットを張る方法もあります。
費用は6帖で10~11万円ほどかかります。
さらに先ほどご紹介した防音性の高い床材を上から張れば、費用は上がりますが、より高い防音効果が得られます。

床材の下に吸音性のある素材を敷き詰める費用

床材の下に防音機能のある素材を敷き詰める方法もあり、敷き詰める素材は吸音性のあるファイバーグラスが一般的です。
このためには6帖で15~16万円ほどの費用がかかります。
こちらも先ほどご紹介した方法と併用しておこなうことが可能です。

二重床にする費用

現在の床の上に床を張り、今の床との間には緩衝材を挟みます。
この工法では6帖で16~18万円ほどの費用がかかります。
二重床は高い効果が期待できますが、天井高が低くなるなどのデメリットもあります。

家具を移動させる費用

床の張り替えをおこなう場合、今置いてある家具を移動させることになります。
自分では重い家具が動かせない場合や、動かすことで家の壁などを傷つけてしまいそうな場合は、業者にお願いすることもできます。
費用は業者によって異なりますが、2~3万円程度であることが一般的です。

自分で防音カーペットを敷く費用

自分で防音カーペットや防音マットを敷いた場合の費用は、1~5万円と幅広いです。
費用はどんな製品を選ぶかによって大きく異なります。
性能の悪いものを敷いても防音効果が低く、あまり意味がありません。
防音効果をしっかりと検証している商品から選ぶようにすると安心です。
防音マットに防音シートを重ねるなど、いくつもの対策をすると、それだけ効果は上がりますが、その分費用も上がります。

防音関係でトラブルが起きにくいマンションを選ぶポイント

防音関係でトラブルが起きにくいマンションを選ぶポイント

住んでいる途中でリフォームしたり、自分で対策したりするのには費用がかかり、一度家具をすべて移動させるなど大変な手間もかかります。
そのため、最初から防音に関するトラブルが起きにくい物件を選ぶことをおすすめします。
防音は床だけを気にすれば良いわけではなく、物件の他の部分や、周囲との兼ね合いが重要となります。

鉄筋コンクリート造の物件から選ぶ

鉄筋コンクリートであればどれだけ音を出しても大丈夫、というわけではありませんが、木造や鉄骨造の建物と比べると防音性は段違いです。
コンクリートは遮音性が高いため、床からの音だけでなく、壁や天井から来る音も遮断してくれます。
こちらの音が聞こえにくいのと同時に、他の家庭の音も聞こえにくくなるため、快適に過ごすことができますよ。
ただしコンクリート造のRC造であったとしても、隣と面した壁にコンクリートが使われていない場合もあるので、内覧の際に確認してみると良いでしょう。

角部屋を選ぶ

音が気になる方は、角部屋を選ぶことで音に関する心配を減らすことができます。
多方面を他の家に囲まれながら音を気にして過ごすより、心地良く暮らすことができるでしょう。
外からの音も気になる場合は、なるべく階段やエレベーターから遠い方の角部屋を選ぶのがポイントです。

下に住戸のない部屋を選ぶ

自分たちの音で迷惑をかけたくないと考えているなら、下に住戸がない物件がおすすめです。
最低限の配慮は必要ですが、ドタバタしやすい子どもの動きなどを過度に制することもなく、他の階よりものびのび暮らすことができます。
2階以上でも、下が駐車場やロビーになっている物件なら、下の階に気兼ねすることはありません。

近隣の方の生活時間帯を確認しておく

夜間に働いていて、昼間に睡眠を取る方にとっては、昼間に子どもがドタバタ走る音を迷惑に感じる可能性が高いです。
寝ている間はちょっとした音でも気になってしまうため、少しの音がトラブルにつながるケースもあります。
こちらが出す音が気になる場合でも、他の人の音が気になる場合でも、生活時間帯の似た人が近くに住んでいるほうがトラブルは少ない傾向にあります。

まとめ

マンションの床の防音対策と、かかる費用、防音関係でトラブルが起きにくいマンションの選び方についてご説明しました。
後から効果的な防音対策をするのは大変なので、マンションの騒音問題で悩まないためには、最初のマンション選びが肝心です。
弊社では豊富な経験から、防音性に優れてトラブルが起きにくいマンションも把握しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|マンションの水道がにおう原因は?対処法と注意点を解説   記事一覧   マンション購入の決め手になる時期とは?おすすめの間取りや妥協点も解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハウスゲート
    • 〒532-0002
    • 大阪府大阪市淀川区東三国4丁目2-4
    • TEL/06-6395-1570
    • FAX/06-6395-1571
    • 大阪府知事 (4) 第48737号

トップへ戻る

Social network