新大阪のマンション売却・購入|SUMURU > 株式会社ハウスゲートのスタッフブログ記事一覧 > マンションリフォームのポイントと注意点とは?できる範囲やしておくべき準備も解説

マンションリフォームのポイントと注意点とは?できる範囲やしておくべき準備も解説

≪ 前へ|マンションを購入するなら新築?中古?メリット・デメリットも解説   記事一覧   不動産を購入するときの流れや注意点を解説|次へ ≫

マンションリフォームのポイントと注意点とは?できる範囲やしておくべき準備も解説

マンションリフォームのポイントと注意点とは?できる範囲やしておくべき準備も解説

中古でマンションを購入したり、昔購入したマンションの経年劣化が目立つようになってきてリフォームを考えている場合は、マンションでリフォームができる範囲を確認しておく必要があります。
さらに、リフォーム前に準備しておくべきポイントや注意点なども合わせてご紹介していきます。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

マンションのリフォームが可能な範囲のポイント

マンションのリフォームが可能な範囲のポイント

古い部分があったり、破損しているところがあるからといって、どこでもリフォームが可能というわけではありません。
マンションの場合はリフォームできるのは専有部分のみとなり、玄関のドアやバルコニーは共有部分とみなされ、リフォーム自体ができないのです。
ほかにも共有部分として扱われるところがありますので、リフォーム可能な箇所やできない箇所は、しっかりと把握しておきましょう。

リフォーム可能な範囲

マンションにおけるリフォーム可能箇所は、専有部分と呼ばれる個人所有のものになります。
この場合内装や、浴槽やトイレシャワーキッチンユニットなどの交換といった設備、玄関の内側の塗り替えやシートの貼り替えといったものは可能となります。
ほかにも、天井部分のコンクリートの内側までは専有部分とみなされるため、可能な範囲であれば天井をあげることもできます。
もちろん、床のフローリングの張り替えも問題ありません。

リフォームができない範囲

意外にも専有部分として使っていたところが実は共有部分という場合もあります。
マンションにおいてはバルコニーについては実は専有部分ではなく共有部分とみなされます。
とくにバルコニーは、有事の際に避難通路の役割を果たす場合がありますので、物を置すぎてはいけないのはもちろん、自由にリフォームすることも許されていません。
さらに玄関ドアについても統一性を持たせるために勝手に交換することは認められていません。
ほかにも、各都にガスを共有しているガス管だったり、水道管排水管は共有部分とみなされます。
ただしそこから室内に引き込むための枝管については、専有部分となりますので交換などは可能となります。
窓のサッシなども実は共有部分となっています。
断熱屋さんを考えているのであれば、インナーサッシでの対応が必要となります。

マンションをリフォームするための準備のポイント

マンションをリフォームするための準備のポイント

実際にリフォームをする上で事前に準備をしておいてよかったもの、事前に集めておいてよかったもの行動しておいて良かったものがあります。
とくにリフォームをおこなうスペースの清掃は、リフォーム自体がスムーズに進行するので、しておいて良かったという証言が多いです。
またリフォームのための素材の資料だったり、必要な見積もりだったり自分たちがわかりやすい資料を作成しておくことが大切です。
騒音などで迷惑をかける場合があるので、ご近所への挨拶も忘れずにおこないましょう。

リフォームするところを掃除しておく

リフォームをするところや規模にもよってしまう部分はありますが、施工作業は粉じんが飛び交う場合がほとんどです。
キッチン周りをリフォームするのに食器をそのままにしてしまっていると、粉塵が食器に飛び散ってしまい、あとから食器洗いが必要になってしまいます。
リフォームをするフロアのものは、一旦別のフロアに避けておいたほうが安全です。
とくに細かい粉塵が飛び交うのであれば、しっかりとダンボールに入れたり、ビニールに入れたりして食器や小物を守るようにしましょう。
リフォームをする際に養生がされていたとしても細かい粉塵は中に入り込むことがほとんどです。
事前に掃除をしておいて良かったという声もあるぐらいなので、清掃の大切さがよくわかります。

入念に情報収集を実施し、見積もりを出しておく

続いてリフォームの際に役に立ったという声が多いものは、リフォームのための資料作りでした。
施工業者に依頼する際に自分たちのイメージをしっかりと伝えることが大切です。
詳しい素材の名前などが分からなくても、ネットで拾ってきた画像や雑誌の切り抜きなどを活用し自分たちが希望する部屋のイメージを伝えてみましょう。
資料作りは見た目だけではなく料金も重要です。
複数の業者に見積もりを取ってその見積りの金額を比較できるようにしておくと、依頼する業者をすぐに選べます。
その際に金額と一緒に業者がどんなイメージだったかメモを添えておくと、資料としては優秀です。

リフォーム費用は計画的に準備しておく

リフォームの際に準備をしておいてよかったと思われるものとしてはリフォームの費用です。
事前に入念に見積もりを取って大まかな費用が分かっている状態なので、リフォームのために資金を調達しておくと、より自分の希望に近いリフォームが叶うようになります。
費用がなければリフォームもできませんので事前にしっかり用意しておきましょう。

近隣に挨拶は忘れない

事前の準備として重要なのが隣近所へのご挨拶です。
マンションの場合自分の部屋から見て上下左右、そして左右の斜め上斜め下のお部屋への挨拶が必要となります。
リフォーム作業中は騒音が出てしまったり場合によっては細かい振動で迷惑をかけてしまう可能性もあります。
事前にいつごろリフォームがあるかを告知してしっかりと挨拶しておくことで不要なトラブルを回避することが可能となります。

マンションリフォームのポイントと注意点

マンションリフォームのポイントと注意点

リフォームの準備も整い後はリフォームを実施するだけとなった際注意点がいくつかあります。
当然ですが法律や決まりはしっかりと守り、同じマンション内の住民に迷惑をかけないようにフォームを実施しましょう。
迷惑をかけてはいけないのは同じマンションの住民だけではなく、マンションの管理人さんも同様です。
またフローリングを張り替えるときには、床暖房の機能の有無も事前に確認しておきましょう。
遮音性のあるフローリングには規定があるので、規定を守るようにする必要があります。
ではそれぞれ見ていきたいと思います。

マナーや法律はしっかり守る

マンションには管理規約というものが存在します。
これはマンションで快適に暮らすためのルールであり建物の使用について定めたものです。
リフォームの工事においては事前の届出が必要だったり近隣への告知義務というものが存在します。
またマンションの管理人によっては使用できる床材などに制限がされている場合もあるので、そうしたルールもしっかりと守るようにしておきましょう。

床暖房がある場合は床暖房マットも張り替えとなる

フローリングのすぐ下に床暖房機能がある場合は注意が必要です。
古いフローリングを剥がした後床暖房マットは再利用することができないのでそのまま破棄となります。
そのため、床暖房機能を保ったままフローリングを張り替える場合は、床暖房マットの張り替えも必須となります。
当然床暖房マットの費用も必須となるので見積もりの際に注意しておきましょう。

遮音フローリングには規定がある

フローリングの張り替えには、遮音等級基準を満たしたフローリング材の使用が義務付けられています。
一般的にはLL‐45または、LL‐40の基準を満たしたフローリング材と定められています。

まとめ

マンションをリフォームするにあたって、できる範囲のポイントをしっかりと押さえておくことで余計なトラブルを回避することが可能となります。
また事前の準備も徹底しておくことで、当日はスムーズにリフォームをおこなえます。
リフォームにあたっては注意点もいくつかあるのでルールや決まりは守るようにしましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|マンションを購入するなら新築?中古?メリット・デメリットも解説   記事一覧   不動産を購入するときの流れや注意点を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハウスゲート
    • 〒532-0002
    • 大阪府大阪市淀川区東三国4丁目2-4
    • TEL/06-6395-1570
    • FAX/06-6395-1571
    • 大阪府知事 (4) 第48737号

トップへ戻る

Social network