新大阪のマンション売却・購入|SUMURU > 株式会社ハウスゲートのスタッフブログ記事一覧 > 20代でマンションを購入してもいい?メリットとデメリットからポイントを解説

20代でマンションを購入してもいい?メリットとデメリットからポイントを解説

≪ 前へ|ワンルームマンション投資とはどんなもの?メリットやリスクもご説明   記事一覧   総戸数の少ないマンションってどうなの?メリットとデメリットとは|次へ ≫

20代でマンションを購入してもいい?メリットとデメリットからポイントを解説

20代でマンションを購入してもいい?メリットとデメリットからポイントを解説

まだまだ若い20代でマンションを購入してしまってもいいのでしょうか。
「マンション購入には早すぎる」という意見を言われることもあるかもしれませんが、実は20代でマンションを購入する方は多く、メリットもたくさんあります。
ここではメリットと合わせてデメリットもご紹介しつつ、20代でマンション購入するときのポイントについてご説明いたします。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

20代でマンション購入するメリットは?

20代でマンション購入するメリットは?

若いうちにマンションを購入するメリットを1つずつご説明します。

資金計画が立てやすい

住宅ローンは最長35年なので、仮に25歳でローンを組んだ場合は60歳で支払いが完了する計算です。
まだ現役で仕事をしている定年前にローンを完済できると、その後の老後資金にも余裕がでて、趣味などに時間を使えるゆとりある老後が実現できます。
また、20代はこれから収入が増えていく可能性を大きく秘めています。
20代の賃金をベースとした住宅ローンを組んでおけば、その後の昇進にともなう昇給やボーナスのタイミングで住宅ローンの繰り上げ返済をすることもできます。
そうすればますます資金計画が立てやすくなります。

健康に関するリスクが少ない

マンション購入で住宅ローンを組む場合、支払いをする方に万が一のことがあったときでも保険会社が支払いを肩代わりしてくれる、団体信用保険に加入することが義務付けられています。
しかし健康上に大きな問題がある場合、この団体信用保険の加入を断られてしまうリスクがあります。
どうしても年をとるにつれて健康上の問題は出てくるものなので、多くの方が健康な20代のうちに保険に加入しておけるのはメリットです。

賃貸よりも良い部屋に住める

月々の支払額が同じなら、賃貸物件よりも購入したマンションのほうが良い部屋であることがほとんどです。
家族がいるなら広いマンションに住むこともできますし、女性の一人暮らしならセキュリティのしっかりした部屋に住むこともできるでしょう。
また、賃貸では基本的に部屋を好きに改造したりすることはできませんが、購入したマンションであれば自分たちの好きにリフォームすることも可能です。

早くから資産が持てる

賃貸でも毎月お金を払い続けることにはかわりませんが、マンションを購入することで20代という早いうちから資産が持てることになります。
資産価値が落ちないマンションを購入することができれば、もし購入したマンションから引っ越したとしても、賃貸に出したり売却したりすることで収入を得ることもできるかもしれません。
もちろん資産価値が落ちてしまうリスクもありますが、若いうちだからこそ不動産に投資する、というつもりでマンション購入してみてもいいでしょう。

20代でマンション購入するデメリットは?

20代でマンション購入するデメリットは?

今度は若いうちにマンションを購入することのデメリットをお伝えします。

予算が限られる

20代のうちはまだお給料も低く、貯蓄も少ないケースが多いです。
そうすると頭金もあまり払えず、高額なローンを組むことが難しいでしょう。
自分の希望する暮らしが予算内であればいいのですが、そうでない場合は自分の組める住宅ローンなど月々の支払い金額に合わせて妥協することになります。
立地や間取りで妥協してしまうと、将来の資産価値に影響が出かねません。

初期費用がかかる

賃貸物件に住むなら、たとえば月10万円の家賃でも50万円ほどの初期費用で済むでしょう。
しかしマンションを購入するとなるとより大きな額の初期費用がかかります。
たとえば3000万円のマンションを購入したら、初期費用だけで150~300万円ほどかかります。
頭金0で購入できるマンションも多数ありますが、それ以外の手続きなどでも大きな金額が必要となりますので、ある程度貯蓄がないとマンション購入は難しいでしょう。
20代ではまだ貯蓄が少ないことも多いので、そもそも購入するための資金を貯めるのが大変なこともあります。

ライフプランが読めない

20代以降のほうが人生は長いです。
自分は結婚しない、引っ越ししないとそのときは思っていても、意外なことが起きる可能性は高いです。
住宅は一生に一度の買い物と言われますが、今後の家族構成や住む場所に見通しが効かない20代のうちでは、同じ家に住み続けることは難しいかもしれません。
その場合は購入したマンションを賃貸に出したり、売却したりする必要があります。
マンションを購入したことが柔軟な人生の足かせにならないよう、資産価値を重視した、売れる・貸せる物件を選ぶことをおすすめします。

借りグセがついてしまいかねない

住宅ローンは、莫大なお金を銀行から借りることです。
20代のうちに住宅ローンを組んでしまうことで、ローンというものに慣れてしまい、お金を借りることを気軽に考えるようになってしまいかねません。
ローンやクレジットカード、キャッシングなどお金を借りるときは、しっかりと無理のない返済計画を立てるようにしましょう。

20代でマンション購入するポイントは?

20代でマンション購入するポイントは?

20代のうちにマンション購入することはデメリットもありますが、メリットのほうが大きいと考えることもできるでしょう。  
しかし今後の人生が大きく変化する可能性のある20代のうちにマンション購入するのであれば、ライフプランを見据えてマンションを購入するのが基本です。
では具体的に気をつけておくべきポイントをご説明いたします。

人生設計を考えて物件を選ぶ

若いうちにマンション購入をする場合は、今後どのような人生を歩むことになるか、いろいろな可能性を検討した上で物件選びをするようにしましょう。
20代では子どもを持たないつもりでも、その後の心境の変化から子どもを産むこともありますし、妊娠出産と子育てはどのような状況になるか確実な予想はできません。
思わぬ家族構成の変化などがあってもある程度対応できるように、リフォームしやすい間取りのマンションなどもいいでしょう。
また「これから昇給するだろう」と楽観的に無理な住宅ローンを組んでしまうと、期待どおりにいかなかったときの返済が負担になってしまいます。
生活面でも金銭面でも先の見えない将来に対応できるよう、事前に計画を立てることをおすすめします。

資産価値の高いマンションを選ぶ

20代で購入したマンションにそのまま住み続けられるといいのですが、転勤を命じられたり、転職したりして引っ越しすることも考えられます。
ほかにも、近しい方の介護が必要になって、他の家に移る必要があるかもしまれません。
これらの予期できない退去の可能性があるため、20代でマンションを購入するなら資産価値の高さを重視して選ぶといいでしょう。
他に引越すことになっても、マンションを購入時と同じかそれ以上の価格で売却することができれば理想的です。
また、住まなくなったマンションは賃貸に出すことで利益を出せるかもしれません。
マンションの購入価格が同じでも、間取りや立地で期待できる家賃収入は大きく違うことがあります。
購入を迷っているマンションを賃貸に出した場合、どの程度の家賃収入が見込めるか、不動産会社に聞くなどして確かめておくといいでしょう。

まとめ

20代でマンションを購入することのメリットとデメリットから、ポイントまでご説明してきました。
マンション購入は金額が大きい大切な買い物ですので、ご自身の生活や今後の人生を考えるきっかけにもなるでしょう。
より良い暮らしができるように検討してみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|ワンルームマンション投資とはどんなもの?メリットやリスクもご説明   記事一覧   総戸数の少ないマンションってどうなの?メリットとデメリットとは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハウスゲート
    • 〒532-0002
    • 大阪府大阪市淀川区東三国4丁目2-4
    • TEL/06-6395-1570
    • FAX/06-6395-1571
    • 大阪府知事 (4) 第48737号

トップへ戻る

Social network