新大阪のマンション売却・購入|SUMURU > 株式会社ハウスゲートのスタッフブログ記事一覧 > ワンルームマンション投資とはどんなもの?メリットやリスクもご説明

ワンルームマンション投資とはどんなもの?メリットやリスクもご説明

≪ 前へ|マンションのベランダに設置されている避難はしごの設置目的と注意点   記事一覧   20代でマンションを購入してもいい?メリットとデメリットからポイントを解説|次へ ≫

ワンルームマンション投資とはどんなもの?メリットやリスクもご説明

ワンルームマンション投資とはどんなもの?メリットやリスクもご説明

不動産投資の一つとして、ワンルームマンション投資というものがあります。
昼間はサラリーマンとして働きながら、副業としても稼ぎたい、そうお考えの方に最適の手法です。
そんなワンルームマンション投資の特徴や、メリットとデメリットについてご紹介いたします。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

ワンルームマンション投資の投資手法とは

ワンルームマンション投資の投資手法とは

ワンルームマンション投資とはどんなものか

ワンルームマンション投資に用いられるワンルームとは、一般的に挙げられる、一つの部屋といった狭い物件を指すものではありません。
賃貸物件としてマンションを購入するとき、建物すべてではなく1部屋を購入するというものです。
投資の種類としては、区分投資と呼ばれるケースが多いとされています。
投資のなかでも、投資する金額を抑えつつ、安定した収入を得るための方法として、注目を集めています。

ワンルームマンション投資に使われる物件の種類

ほかの不動産投資では、予算に合わせながら一戸建てやアパート、マンションなどを購入するケースが多くあります。
その反面、ワンルームマンション投資の場合、マンションの一室を購入するため、利用できる物件の種類は限られているのが特徴です。
また、比較的安く購入するために、1DKや1LDKなどの部屋を投資の対象として用いるケースも多いとされています。
とはいえ、不動産投資をおこなう場合、一人暮らしの方を対象に賃貸として利用してもらうため、こういった間口を広げておくというのも大切なポイントだといえるでしょう。

不動産投資ローンを用いて活用

一般的な投資とは異なり、不動産を用いた投資の場合、専用のローンを使うことができるのが特徴です。
そのため、自己資金があまりない方でも、ワンルームマンション投資を始めることができます。
もちろん、職業や物件に対する審査はあるものの、安定した収入がある方であれば、さほど問題になりません。
ただし、あくまで融資を受けるということを念頭に置いて、返済計画もしっかり立てておくことも大事だといえます。

不動産投資を始める方におすすめ

マンションを一棟購入するわけではないため、初期費用として必要な金額も少ないのが特徴です。
そのため、これからあらたに不動産投資を始める、という方にはうってつけだといえるでしょう。
また、株やFXのように、常にパソコンやテレビの前にいることができない、という方にも、ワンルームマンション投資は便利といえます。
大きな金額の変動は起きづらい反面、安定した収入を得るための方法です。

ワンルームマンション投資のメリット

ワンルームマンション投資のメリット

買い手が付きやすい物件を用いられる

一般的な不動産投資と比べ、買い手が付きやすいというのが大きなメリットです。
というのも、一棟買いしてしまうと、どうしても空部屋というのが生まれがち、というリスクが生じます。
とくに、日当たりや階数によっては、なかなか埋まらないことも少なくないでしょう。
そういった面でも、一人暮らしはもとより、上京したての方などを狙って、人気の一部屋を投資の対象として購入できるのが、この投資方法のよさです。

少ない投資額で利用できる

投資用に購入する物件数を自分で選ぶことができるため、元手となる金額も抑えられやすいのがメリットとして挙げられます。
住宅ローンを用いてレバレッジなど見返りを大きく考える方法もありますが、まずは少ない投資額ではじめてみたい、という場合にうってつけだといえるでしょう。
また、一棟投資のようにまとまった資金を得るためには、厳しい審査を乗り越える必要があります。
融資を受けられる自信がない、というときにも、ワンルームマンション投資のほうが使い勝手が良いといえるでしょう。

節税対策になる

ワンルームマンション投資として手に入れた物件は、当然不動産所得という扱いになります。
そのため、住民税や所得税といった面でも節税対策ができるのもメリットの一つです。
とくに、副業として普段はサラリーマンとして働いている場合、会社で引かれる所得税に対し、確定申告後に還付金を受け取ることができる利点があります。
これは、損益通算というものを用いることができるためです。
不動産として減価償却費を経費として計上することで、帳簿上赤字にすることができるので、忘れずに覚えておきましょう。
不動産を所有しながら、節税効果を得ることができるのも、ワンルームマンション投資ならではのよさです。

今後事業拡大しやすい

購入した物件が早く埋まり、安定した収入が発生してきたとき、新たな物件を購入する、という選択肢があります。
所有物件が増えることで、得られる収入もどんどん増えるため、資金に余裕があれば事業拡大も検討してみると良いでしょう。
マンションを一棟買ってしまうと、こういった身軽な動きが取りづらいのがネックにあります。
それに対し、ワンルームマンション投資であれば、口コミなどで人気のある場所に目をつけながら、気になる物件探しをしてみる、というのも楽しめるでしょう。

ワンルームマンション投資のリスク

ワンルームマンション投資のリスク

空室時は収入がない

不動産投資ということもあり、賃貸で利用するひとがいなければ収益は生まれません。
当然、空室時には家賃収入が発生しないため、管理費だけがかかってしまうリスクがあります。
そのため、なるべき空室が埋まらないマンションを選ぶというのも大切といえるでしょう。
駅からの立地であるほか、ほかの部屋の埋まり具合もチェックしておくと、大きな損害に繋がることもありません。

すぐに現金化できない

ほかの投資とは異なり、現金化までに時間がかかるのも、ワンルームマンション投資のリスクとして挙げられます。
万が一、すぐに現金が必要となった場合でも、手続きに時間を呈してしまうことも少なくありません。
とくに、購入希望者が集まらなければ、いつまで経ってもお金が手に入らないのは、不動産所有者としてやきもきする部分でもあるでしょう。
そのため、投資に用いる物件については、収入だけではなく損失という面でのリスクも考慮しておかなければいけません。

一棟買いと比べると収入が少ない

部屋数を絞って購入するため、一棟買いと比べると収入が少ないというのもデメリットです。
投資としてリスクを削る反面、得られる収入にも限りがあります。
とはいえ、副業として始めるのであれば、収入の少なさよりもリスクヘッジを考えることが大切です。
また、所有する物件が増えていくなかで空室率が下がってきたとき、一棟買いに切り替えるという選択肢も覚えておくと良いでしょう。

災害時に価値が落ちてしまうことも

不動産投資として一番のリスクは、災害時に物件の価値が下がってしまうことです。
屋根や壁にひびが入ってしまったり、階段部分に支障が出てしまった場合、すぐにメンテナンスをしなければいけません。
そのまま放置をしていると、物件の価値がどんどん下がっていき、空室率が高くなってしまうことへとつながります。
投資の対象であると同時に、所有する資産のひとつとして、こまめにチェックしておきましょう。

まとめ

ワンルームマンション投資はほかの不動産投資と比べ、比較的どなたでもはじめやすい手法といえます。
その反面、不動産を所有する、ということに対して、どんなリスクが生じるのかもしっかり把握しておきましょう。
副業としてワンルームマンション投資をはじめたあと、順調に利益が生まれてきたら、今度は別の不動産投資に繋げていくのもおすすめです。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|マンションのベランダに設置されている避難はしごの設置目的と注意点   記事一覧   20代でマンションを購入してもいい?メリットとデメリットからポイントを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハウスゲート
    • 〒532-0002
    • 大阪府大阪市淀川区東三国4丁目2-4
    • TEL/06-6395-1570
    • FAX/06-6395-1571
    • 大阪府知事 (4) 第48737号

トップへ戻る

Social network