新大阪のマンション売却・購入|SUMURU > 株式会社ハウスゲートのスタッフブログ記事一覧 > 中古マンションにエアコンを設置するための条件はあるの?

中古マンションにエアコンを設置するための条件はあるの?

≪ 前へ|マンション売却で知っておきたい任意売却とは?メリットデメリットも解説   記事一覧   中古マンションの買い時はいつ?築年数や金利などの注意点について|次へ ≫

中古マンションにエアコンを設置するための条件はあるの?

中古マンションにエアコンを設置するための条件はあるの?

中古マンションを購入して、エアコンの増設を検討していますか?
中古マンションではエアコンが増設できない、という情報を目にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
ここでは、エアコンを増設できない理由や、そのほかの対処法について解説していきますので、参考にしていただけたらと思います。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

中古マンションでエアコンを設置することは不可

中古マンションでエアコンを設置することは不可

さっそく結論ですが、中古マンションを購入した場合、増設をおこなうことは不可能となります。

スリーブ

増設するためには、スリーブと呼ばれる室内機と室外機をつなぐための穴が必要になります。
中古マンションによっては、このようなスリーブが元々ない場合が多いので設置することが不可能になります。
また、購入してからスリーブを取り付けようとしても管理会社から断られるケースもあるので、購入前にスリーブがあるかどうかを確認することが重要です。

増設の条件

まったく増設することができない、というわけでもなく、いくつかの条件が満たせれば設置することもできます。
まずひとつは先ほどのスリーブがあるかどうか、もう一つは、室外機を設置するスペースがあるかどうかです。
室外機は室内機で取り込んだ空気を外で温めたり、冷やしたりするための設備のことです。
外に取り付ける必要のあるものなので、ベランダやバルコニーなどに設置するのが基本となります。
室外機のスペースと、スリーブの有無、この二つの条件がそろわない限り、エアコンを増設することは難しいと言えます。

中古マンションでエアコンを設置するなら窓用エアコン

中古マンションでエアコンを設置するなら窓用エアコン

では、いっさいエアコンを増設する方法はないのかというと、そうでもありません。
窓用エアコンというものがあります。

窓用エアコンとは

普段ご自宅で見かけるものは「壁掛け」と呼ばれるタイプで「窓用」と呼ばれるタイプは室外機を必要とせず、室内機を直接窓に取り付けるタイプのものになります。
窓用の場合はスリーブを必要とせず、取り付け工事も不要であるため中古マンションでも利用することが可能なのです。

特徴

窓用の特徴としては、工事が不要で自身で窓に取り付けることが可能であるという点です。
壁掛けの半分ほどのサイズで、窓の片側の半分ほどを占める大きさになるので、取り付けるのもさほど難しくはありません。
また、取り付けたあとも窓が開閉できなくなるという点もないので安心して利用することができます。
壁掛けと違い、風量などを自動調節してくれるわけではないので、部屋を冷やしすぎるといった点もありますが、部屋が暑くなりすぎるよりはよいでしょう。

中古マンションでエアコン代わりに設置した窓用エアコンのメリット

中古マンションでエアコン代わりに設置した窓用エアコンのメリット

もちろん、窓用にもメリットやデメリットがあります。
ここでは、メリットとデメリットをそれぞれ説明していきます。

メリット1費用

窓用の場合は壁掛けと違い工事を必要としないので、工事費用を加味しなくてよいのがポイントになります。
また、本体代も壁掛けほどの値段はしないので比較的安価で設置まですることができるのが良い点と言えるでしょう。
すべての部屋に窓用を増設しても予算が高くなりすぎることはないと思います。

メリット2取り付けが簡単

窓用は取り付けが非常に簡単です。
窓の大きさや部屋の広さだけ把握しておくだけで、すぐに利用することができるのは手間もいらず、便利と言えます。
しかも扇風機などと違いしっかりと涼しい風を送ってくれます。

メリット3室外機いらず

窓用は室外機を必要としないため、ベランダやバルコニーのスペースがなくても利用することができます。
そのため、ベランダの有効活用ができるのも良い点の一つとなります。
家庭菜園やガーデニングが趣味の人であれば、それを邪魔することなく部屋を涼しくすることができます。

メリット4防犯も安心

窓用は、使用するときには窓を開けておかなければならないという条件があります。
その場合、窓が開けっ放しの状態になるので、泥棒などの被害に遭うのでは、という声がありますが、その点は安心して大丈夫です。
利用しているあいだだけ窓を開けておく必要があるだけで、利用しないときには窓から取り外して閉めておけばいいのです。
もちろん、稼働中も安心して使ってもらうために、窓をロックする機能がついている窓用エアコンもあります。
これをすることによって使用中窓が開く心配はなく、誰かが入ってくることは困難になるので安心できます。

メリット4手入れが簡単

壁掛け用だと、わざわざ高いところにある室内機のフィルターを取り外したりして手入れをしなければならず、かなり手間になってしまいます。
しかし、窓用であればそもそも取り外しを日常的におこなう前提になっているので、手入れをおこなうのが簡単という点があります。
また、窓用のメンテナンス部分はフィルター部分のみと簡単です。
フィルターを取り外して、ほこりやチリを取るだけで大丈夫なのでとても楽ですね。
内部の清掃に関しては内部乾燥機能が搭載されている窓用を購入することをおすすめします。
自身でおこなおうとすると故障などの原因になってしまう可能性があるためです。
内部乾燥機能を利用することで、内部のカビ対策などができます。
では次に、デメリットについて解説していきます。

デメリット1音が大きい

窓用の場合は室外機の機能も一緒になっているので、音が大きいという点があります。
壁掛けであれば室外機は外に設置されているので、普通は音は気にならないのですが、室内に室外機がある状態と変わらないので、それなりに大きな音が聞こえてくるのは避けられない問題となります。
掃除機ほどの音が聞こえてくる場合もあるので、住居者から苦情がくる可能性があることも意識しておく必要があります。

デメリット2電気代が若干高い

窓用は壁掛けに比べると、数十円程度ですが一カ月の電気代が高くなります。
数十円程度なら気にしないという方であれば問題ありませんが、とにかく節約したいのであればそれなりの問題となるでしょう。
電気代を気にするのであれば扇風機を使ったり、自然の風だけで過ごすという手段もありますが、臨機応変に、自分の体調を見ながら使用したほうがよいと思います。

デメリット3温度調節しにくいときもある

壁掛けは部屋全体に暖かい空気や冷たい空気をなじませるはたらきがありますが、窓用は壁掛けほどのパワーが出ないので、温度調節しにくいという点があります。
極端に冷えすぎたり、全然冷えなかったりということも起こる可能性があるので、部屋の広さや、周りに物を置かないなどの方法で対策をおこなう必要があります。

デメリット4雨に弱い

窓用は窓を開けて利用することが大前提となります。
そのため、雨の日などに利用をすると雨が室内に入ってくる可能性があります。
小ぶりの雨であればさほど気にすることはないかもしれませんが、大雨のときは使用できないと思っておいたほうがよいでしょう。

まとめ

ここまで、中古マンションでエアコンを設置する条件や、対処法として窓用エアコンを使用する方法や、使用の注意点などを説明しました。
夏場などはエアコンがないと生活できないほど暑い昨今、窓用ひとつあるだけで生活が変わることでしょう。
外掛けの増設がもっとも望ましいものではあると思いますが、窓用でも十分な効果が期待できます。
費用対効果を感じるのであれば、ぜひ窓用の設置をしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|マンション売却で知っておきたい任意売却とは?メリットデメリットも解説   記事一覧   中古マンションの買い時はいつ?築年数や金利などの注意点について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハウスゲート
    • 〒532-0002
    • 大阪府大阪市淀川区東三国4丁目2-4
    • TEL/06-6395-1570
    • FAX/06-6395-1571
    • 大阪府知事 (4) 第48737号

トップへ戻る

Social network