新大阪のマンション売却・購入|SUMURU > 株式会社ハウスゲートのスタッフブログ記事一覧 > 中古マンションの買い時はいつ?築年数や金利などの注意点について

中古マンションの買い時はいつ?築年数や金利などの注意点について

≪ 前へ|中古マンションにエアコンを設置するための条件はあるの?   記事一覧   新築マンションの特徴と購入するメリットデメリットを解説 |次へ ≫

中古マンションの買い時はいつ?築年数や金利などの注意点について

中古マンションの買い時はいつ?築年数や金利などの注意点について

これから中古マンションの購入を検討しているとき、どれくらいの築年数であれば買い時なのか知っておく必要があります。
見た目だけではなく、物件の特徴や購入時の注意点も知っておきましょう。
この記事では、そんな中古マンションの買い時や金利を含めた注意点についてご説明します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

中古マンションが買い時の築年数とは

中古マンションが買い時の築年数とは

築年数20年から30年が買い時

結論として、中古マンションの買い時は築年数20年から30年がおすすめです。
建てられてから20年以上経った中古マンションは、すでに新耐震基準をクリアしている建物でもあるため、安全性の面でも信頼を得られます。
また、築年数20年ということは、2000年代につくられた建物です。
そのため、時代にさほど遅れていない建物というのも、住みやすい建物であるポイントといえます。

築年数5年以下の物件がもつ特徴

築年数5年以下の物件は、最近建てられた物件ということもあり、今の時代にあった建物です。
高品質で人気の集まりやすい物件である反面、価格面では一番高くなってしまうのがネックといえます。
また、近年建てられる物件というのは、立地のよさで土地を選ばれることも多いため、金額も一般的な不動産より高くなる傾向にあります。
中古マンションの購入を検討しているなかで、ある程度予算がある方であれば、住み心地の面でのメリットは多いでしょう。
しかし、住宅ローンを組んでまで購入するとなると、築年数の浅い建物は買い時と言い切れない物件といえます。

築年数10年程度の物件がもつ特徴

築年数10年程度の物件は、5年以下の物件と比べると、若干ではありますが価格が下がります。
しかし、建物の劣化具合と価格の下がり幅があまり比例しないため、選択するメリットも少ないといえるでしょう。
一般的に、中古マンションの相場というのは、築年数20年を機に下がり幅も変わる傾向にあります。
立地などの条件にもよりますが、できればあと10年ほど待った段階で購入を検討するのがよいでしょう。

築年数30年以上の物件がもつ特徴

築20年を過ぎた建物は買い時である、とお話いたしましたが、反対に築30年以上となると状況も変わります。
というのも、マンションの老朽化により、修繕費用や管理費用が多くかかってしまうからです。
特に、入居者の集まりが悪いマンションの場合、築年数によってなんらかの問題が起きている可能性も見ておかなければいけません。
値段だけではなく、物件そのものの価値も十分理解したうえで購入を検討しましょう。

中古マンションの買い時の要素の一つである金利について

中古マンションの買い時の要素の一つである金利について

低金利時代だからこそ中古マンションは買い時

近年は、低金利時代を迎えており、住宅ローンを組む際のリスクも少ない状況です。
金融機関によっては、5%を切るような金利で設定されているケースもあります。
こういった状況だからこそ、今が中古マンションの買い時であるといえます。
まとまった資金で購入できる方は別にして、これからローンを組んでマンションを購入するデメリット、というのは以前より軽減されているといえるでしょう。

賃貸と比べたときにわかるメリット

毎月決まった家賃を支払って住む賃貸と、ローンを組んで中古マンションを買う場合。
端的にみると、金利の面で賃貸を選んだほうがよいと思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、これからお子さまが成長し、ライフステージが変わることを考えた場合、マンションを財産として持っておくことのメリットが数多くあります。
また、長い目でみたとき、低金利で購入したマンションの場合、生涯年数で購入金額を割ってみると、賃貸で住む場合よりも安く済む場合も少なくありません。
今だけではなく、これから20年30年と住むことを考えた場合も考えて購入を検討しましょう。

これから金利が上がる見込みも少ない

これだけお得に感じる低金利ですが、2010年以降下がる一方です。
また、これから金利が上がるような出来事、というのも今のところ想定されていません。
そのため、今後金利が大きく上がる見込みというのもない状況です。
その分、住宅ローンの審査基準も変わってはきていますが、安定した収入がある方であればさほど大きな問題でもないといえるでしょう。

金利が低くても予算設定は重要

いくら金利が安いからといっても、予算以上の住宅ローンを組むのはあまりよいとはいえません。
せっかく中古マンションを購入したものの、毎月の返済でパンクしてしまうようでは、すぐに手放してしまう原因にも繋がります。
家族のなかでどれくらいのマンションに住みたいのか、また毎月無理のない返済額はいくらなのかを紙に書き出し、時間をかけて話し合うことが大切です。
住宅は安い買い物でありませんから、しっかりと考える場を作りましょう。

買い時の中古マンション購入時の注意点とは

買い時の中古マンション購入時の注意点とは

実際に住んだ場合を想像して選ぶ

建物の見た目はよいものの、いざ内覧をお願いしたとき、思っていたとおりの間取りではなかった、ということは少なくありません。
また、日当たりのよさというのも、実際に物件を見てみないとわからないことでしょう。
こういった部分は、直感的な居心地の良さや悪さにもつながる話です。
物件を見て回る際には、自分が住んだ場合をよく想像しながら、住みやすい建物かどうかを見定めるようにしましょう。

リノベーション済み物件かどうか

築年数20年以上の建物に住む場合、リノベーションされているか、というのを確認しておきましょう。
というのも、建物の老朽化により、年数を重ねた物件はなんらかの部分で目に付く場合があります。
より住みやすい場所を選ぶためにも、事前にリノベーションされているかどうか、内覧時に確認しておくことが大切です。

管理状態はどうか

建物の管理状態というのも、購入時の注意点として外せません。
常に管理業者が出入りしている物件であれば、ロビーや階段部分も綺麗な状態で保たれています。
反対に、マンションの管理状態が不安定な場合、エレベーターが突然使えなくなってしまったり、外壁やタイルなどの面で不備が生じることもあるでしょう。
内覧時には数回建物を見ておくなど、購入予定のマンションに対し、日ごろの管理状況を把握しておくことも大切です。

住みやすい立地に建てられているか

住まい探しの基準は、建物だけが重要ではありません。
物件のある場所が、果たして住みやすい立地に建てられてるのか、というのもしっかり確認しておきましょう。
特に、駅からのアクセスであったり、主要道路からの距離といったものは忘れずに確認しておきたいポイントです。
長く住むマンションだからこそ、普段の生活に影響がでない場所で購入するのがベストだといえます。

周辺環境に問題はないか

お気に入りの建物が見つかったあとは、その周辺環境もじっくり観察しておきましょう。
たとえば、騒音問題にもつながる道路や駅前といった場所です。
アクセスは大変よいものの、深夜などは話し声や走行音などが気になってしまうことも少なくないでしょう。
住みやすさというのは、見た目だけではなく耳で感じる部分も少なくないため、建物だけではなく周囲に耳を立てながら検討することが大切です。

まとめ

中古マンションの買い時は築20年から30年の間ですが、その理由は物件の価値や金利面などがあげられます。
これからマンションの購入を検討されている場合、中古マンションを選ぶときの注意点などを十分理解したうえで、後悔しない買い物を心がけるようにしましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|中古マンションにエアコンを設置するための条件はあるの?   記事一覧   新築マンションの特徴と購入するメリットデメリットを解説 |次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハウスゲート
    • 〒532-0002
    • 大阪府大阪市淀川区東三国4丁目2-4
    • TEL/06-6395-1570
    • FAX/06-6395-1571
    • 大阪府知事 (4) 第48737号

トップへ戻る

Social network