新大阪のマンション売却・購入|SUMURU > 株式会社ハウスゲートのスタッフブログ記事一覧 > マンションの売却でおすすめのオープンルームとは?メリットやコツをご紹介

マンションの売却でおすすめのオープンルームとは?メリットやコツをご紹介

≪ 前へ|中古マンションの和室を洋室にリノベーションするメリットと費用とは?   記事一覧   マンションの管理組合が持つ役割と主な業務内容とは?|次へ ≫

マンションの売却でおすすめのオープンルームとは?メリットやコツをご紹介

マンションの売却でおすすめのオープンルームとは?メリットやコツをご紹介

マンションを売却するときに、少しでも好条件で手放す方法のひとつにオープンルームがあります。
開催するには多少の手間がかかりますが、そのぶん得られるメリットが大きいことがオープンルームの特徴です。
今回はマンションの売却時にオープンルームを開催するメリットと、成功のコツを紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

マンション売却におけるオープンルームとは

マンション売却におけるオープンルームとは

オープンルームとは、あらかじめ決めておいた日に家を開放して、興味のある人に自由に見学してもらうことをいいます。
新築マンションで開催される、モデルルームと同じようなものを想像するといいでしょう。
オープンルームを開催するには手間がかかりますが、それだけのメリットがある販売方法です。
次章では、オープンルームを実施するメリットを紹介します。

マンションの売却でオープンルームをするメリットとは

マンションの売却でオープンルームをするメリットとは

マンションの売却でオープンルームを開催すると、以下のようなメリットがあります。

●多くの人に見学してもらえる
●実際に住んだイメージをしてもらいやすい
●購入申し込みをもらいやすくなる
●希望した価格で売却できる可能性がある
●早期売却の可能性が高くなる
●問題点を把握できる


それぞれ詳しく見ていきましょう。

多くの人に見学してもらえる

オープンルームを開催するときには、媒介契約をしている不動産会社がインターネットで宣伝するだけでなく、チラシを配布するといった集客活動をおこないます。
今ではマンションを探すときもインターネットで情報収集するのが一般的ですが、まだそこまで興味がない人にもリーチできることがオープンルームのメリットです。
「そろそろ賃貸ではなくマンションを買いたいな」と思っていても「まだいいか」と先延ばしにしていた潜在層が、チラシを見ることで興味を持つことは十分に考えられます。
「近所だし行ってみよう」と思って見学に来た人が、「これなら手が届きそうだ」と購買意欲が刺激されることは珍しくないのです。
これまで情報を届けられなかった層にアプローチして刺激することで、多くの人に見学してもらえることが期待できます。

実際に住んだイメージをしてもらいやすい

オープンルームを開催すると、見学に訪れた人にとっても実際に住んだ様子をイメージできるメリットがあります。
写真や動画を見ているだけでは想像の範囲を超えませんが、実際に部屋に入って動き回ってみることで、「この部屋は子ども部屋によさそう」「こんな家具を置きたい」とイメージが膨らんでいきます。
気にはなっていたけれども踏ん切りがつかなかった、という人の購買意欲を刺激できるのです。

購入申し込みをもらいやすくなる

通常の内見では、希望者1組ずつ予約を入れて部屋を案内します。
しかしオープンルームは予約不要で誰でもいつでも部屋を見てもいいシステムなので、見ている最中に別のファミリーが見学にくることも珍しくありません。
ほかの人とバッティングすると、ちょっと気になっていた人は、「先に申し込まないと買えなくなるのでは」といった焦りが生まれます。
その結果申し込みが増え、週末のオープンルームで複数の購入申し込みを受けることもあるのです。

希望した価格で売却できる可能性がある

中古マンションを売却するときには、購入希望者が値下げ交渉をすることが少なくありません。
しかしオープンルームでは、前述したとおり同時に複数の購入希望者が現れることもあります。
そうなれば、売主は値下げに応じず強気での交渉ができるようになります。
また購入希望者も、「値下げ交渉したら売出価格で買いたい人が優先されるかも」と不安に感じ、そもそも値下げを申し出ない可能性もあるでしょう。
このようにオープンルームでは、同時期に複数の購入希望者を獲得することで、希望した価格で売却できる可能性が高くなるのです。

早期売却を実現しやすくなる

オープンルームを開催すると、早期売却できる可能性が高くなることもメリットです。
マンションは売りに出してから長くなると、市場で「売れ残り物件」として認識されてしまいます。
マンションを探している人は、「こんなに売れないのはなにか理由があるのでは」と不安を覚えるものです。
売れ残り期間が長くなると、販売価格を下げる必要も出てくるでしょう。
つまりマンションは、売りに出してからできるだけ早い時期に売却することが高値で売るコツなのです。
オープンルームを実施すれば、市場を刺激し早期売却につながりやすくなります。

問題点を把握できる

オープンルームに来てくれた人にアンケートをとることで、現在の問題点を把握することも可能です。
口に出しては直接言えなくても、アンケートであれば率直な意見を聞けるものです。
間取りなどどうしようもないものはともかく、「水回りが汚れている」「広さに対して価格が高すぎる」といった意見は改善する余地があります。
問題を洗い出し、今後の売却活動に活かせることもオープンルームのメリットです。

マンションの売却時のオープンルームを成功させるコツとは

マンションの売却時のオープンルームを成功させるコツとは

マンションの売却時のオープンルームを成功させるには、以下のコツを押さえることがポイントです。

●週末や祝日に開催する
●周辺の賃貸マンションやアパートにチラシを配布する
●入念に準備する
●見学しやすい雰囲気を作る


それぞれ内容を紹介します。

週末や祝日に開催する

オープンルームを開催しても、多くの人に見学に来てもらえなければ意味がありません。
平日に開催しても、仕事をしている人が多くて見学者は期待できないため、オープンルームは週末や祝日に開催することが重要です。

周辺の賃貸マンションやアパートにチラシを配布する

オープンルームでは、周辺の賃貸マンションやアパートに積極的にチラシを配布することも成功のポイントです。
周辺に住んでいる人は、少なくともそのエリアを気に入っていると考えられます。
「職場から近い」「子どもが学校を気に入っている」といった理由で、同じエリア内で住戸の購入を検討している人は多かれ少なかれいるはずです。
まだ積極的に動いていない人でも、オープンルームをきっかけに購買意欲が高まる可能性もあるでしょう。

入念に準備する

オープンルームでは、部屋ができるだけ魅力的に見えるよう、入念に準備することが大切です。
掃除はいつもより丁寧におこないます。
とくに水回りはマンション購入のカギを握る主婦のチェックポイントなので、可能な限りピカピカに仕上げましょう。
予算があるなら、水回りだけでもハウスクリーニングを入れるのがおすすめです。
部屋が明るく見えるよう、カーテンを開けて自然光を目一杯取り入れ、照明もすべてつけておきます。
床にものがあると狭く見えるため、床にはなるべくものを置かないことも大切です。

見学しやすい雰囲気を作る

オープンルームは基本的に、当日誰でも見学できるシステムであるため、入ってきやすい雰囲気作りが大切です。
入り口で担当者や家主が待ち構えていると、セールスされるのではと身構えてしまい、敬遠されてしまいます。
とりあえずは自由に見てもらい、質問があれば答えるといったスタンスでいると見学者もリラックスして見て回れます。
かといって黙っているのも会話に聞き耳を立てているように思われるので、うるさくない程度にBGMを流しておくのがおすすめです。

まとめ

オープンルームとは、マンション売却の手法のひとつで、見学者が増える、購買意欲を刺激するといった多くのメリットがあります。
手間ヒマはかかりますが、できるだけ早く売りたい、価格を下げたくないときには、不動産会社に相談してみるといいでしょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|中古マンションの和室を洋室にリノベーションするメリットと費用とは?   記事一覧   マンションの管理組合が持つ役割と主な業務内容とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハウスゲート
    • 〒532-0002
    • 大阪府大阪市淀川区東三国4丁目2-4
    • TEL/06-6395-1570
    • FAX/06-6395-1571
    • 大阪府知事 (4) 第48737号

トップへ戻る

Social network