新大阪のマンション売却・購入|SUMURU > 株式会社ハウスゲートのスタッフブログ記事一覧 > 注目の「リノベーション済み」マンション!選ばれるワケは多彩なメリット

注目の「リノベーション済み」マンション!選ばれるワケは多彩なメリット

≪ 前へ|購入した「投資用マンション」に住むことはできる?注意点もチェック   記事一覧   マンションの特別仕様「ペントハウス」で暮らすメリットやデメリット|次へ ≫

注目の「リノベーション済み」マンション!選ばれるワケは多彩なメリット

注目の「リノベーション済み」マンション!選ばれるワケは多彩なメリット

マンション購入の選択肢として、「リノベーション済みマンション」が注目を集めています。
新築を連想させるようなきれいな物件でありながら、価格は中古マンションの魅力を兼ね備えています。
今回は、購入の賢い選択肢となる「リノベーション済みマンション」とはどんな物件か、メリットや注意点を特集します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

「リノベーション済み」マンションとは?種類と特徴

「リノベーション済み」マンションとは?種類と特徴

「リノベーション済みマンション」とは?

今まで、マンション購入といえば「新築」か「中古」の二択で、どちらにすべきかを検討していました。
しかし、新しい選択肢として「リノベーション済み」物件が広がりつつあります。
注目される理由としては、新築と中古のそれぞれ魅力的な部分を備えている点が挙げられます。
まずは、簡単にリノベーション自体もおさらいしましょう。
リノベーションとは、すでにある物件に対して、大きな工事を施すことで、新築のような性能や付加価値のアップを実現するものです。
その範囲は、デザインをはじめ機能性や間取りまで幅広いです。
多くの人は、リノベーションというと自分で購入し、自ら工事をおこなうパターンをイメージされる人が多いでしょう。
それでは、「リノベーション済み」物件は、どんなマンションをさすのでしょうか?
「リノベーション済み」のマンションには、いくつか種類があります。
ひとつは、不動産会社がマンション1室を購入して、リノベーションを施したタイプ。
また、1棟まるごと購入し、共用部分もリノベーションをして手をかけながら、1室ごとに専有部分を設計して、リノベーションするタイプなどです。
どちらもリノベーションをしてから販売されます。
「リノベーション済み」マンションの共用部分については、イメージがしにくいかもしれませんね。
たとえば、エントランスのタイルの貼り替えやオートロックの採用や、劣化した外壁の張替えによる機能性とデザイン性の向上なども含まれます。
最近では、ほかにも、販売価格にリノベーションの予算を組み込んだケースもあります。
マンションに住む前に、自分好みになる工事を依頼するというものです。
いずれの場合も、いちから自分で手配して工事をする大変さが省かれるのは魅力ですね。

賢い選択肢として注目される理由

「リノベーション済み」マンションとは、どんな種類があるかがわかりました。
不動産購入は、新築で理想的な物件が希望通りの価格である場合や、中古でも妥協せず済むきれいさ、設備のよさなどがあれば納得できるでしょう。
しかし、現実的にはそのようなケースばかりではありません。
新築であれば、価格の負担が大きい場合や、立地などが限られ、ほしい場所には物件がないということもあります。
「リノベーション済み」物件は、これらを解決する新築と中古のハイブリッド的な魅力があります。
物件数の多く、さまざまなエリアにたつ既存物件が、新築のような付加価値の高い部屋になっています。
「リノベーション済み」マンションに選択肢が広がることで、より理想の住まいが入手しやすくなるでしょう。

「リノベーション済み」マンションの6つのメリット

「リノベーション済み」マンションの6つのメリット

「リノベーション済み」マンションには、多彩なメリットがあるので、チェックしていきましょう。

新しい住空間なのに新築より安い

「リノベーション済み」物件は、新築のような工事が施され、再販物件としてあつかわれます。
前の住人の生活感が漂うような、中古住宅とは一線を画しているといってよいでしょう。
そのような新しくきもちのよい住空間もメリットですし、工事費用を込みにしても、新築マンションよりもぐっとお手頃に入手できることも利点です。
マンション購入は、大きな買い物です。
「リノベーション済み」物件のコスト面のメリットは大きいですね。

条件にもこだわれる

どこに住むかという条件は大切です。
譲れないこだわりとしている方もいらっしゃるでしょう。
実は、新築マンションよりも、「リノベーション済み」物件のほうが、数が多いといわれています。
新築は希望する場所に建っても、すぐ完売することも少なくありません。
今まで「リノベーション済み」物件を検討されていなかった方も、視野にいれることで、条件面に妥協せずに購入できる確率が高まりそうですね。

室内を確認することができる

「リノベーション済み」物件は、基本的に工事も完了した、"完成形"です。
そのため、工事中で物件をみられない、モデルルームを確認したけど、実際の部屋とは違ったというような、購入後のミスマッチを防げるメリットもあります。

すぐに引っ越せる

すでに工事が完了しているため、「完成待ち」がなく、すぐに新居で暮らしはじめることが可能です。
また、これは新築との比較だけではなく、自分で工事をする場合と比較しても、メリットといえるでしょう。
自ら打ち合わせして、工事をするといった、準備にかける数か月にわたる時間も不要です。

新しい設備を使える

中古物件をそのまま購入する際には、設備もそのままであることが多いです。
それに対して、新築と同じように新しくなった物件では、キッチンなどの水まわりや、フローリング、照明なども、新しいものが使える可能性があります。

ローンの1本化が可能

中古マンションを購入して、自らリノベーションするケースでは、取得費を住宅ローンにし、リノベーションの費用は、リフォームローンを利用するというパターンになります。
しかし、すでに完成した「リノベーション済み」マンションの購入なら、住宅ローンだけで済みますね。

「リノベーション済み」マンションを購入する4つの注意点

「リノベーション済み」マンションを購入する4つの注意点

間取りが希望に合わない注意点

完成している「リノベーション済み」物件は、内覧をして、購入するかを決めることになります。
すでに間取りも決まっているために、自分の好みにあわない、家族構成と居室の数があわないというリスクもあり得ます。
しかし、「リノベーション済み」物件は、さまざまなケースに対応しやすい間取りも多いです。
そのため、内覧時に家族にマッチしそうか、確認することもおすすめです。

工事の様子を目で確認はできない

当然ながら、工事は完了しているため、現場をみるといったことはできないのが注意点です。
室内を表面から確かめることはできても、壁内部や配管まではみられないのがリスクです。
よい物件を見極める選び方としては、信頼できる不動産会社に決め、施工結果報告書などの工事履歴を入手して、疑問があれば担当者に確認するがよいでしょう。

耐震性に注意

マンション購入では、耐震性も気になるところです。
1981年に新耐震基準が施行され、それ以降、震度6強、7程度でも倒壊しない設計がとられています。
旧耐震基準の物件も違法ではないのですが、補強工事をしているかなどを確認して検討するのがおすすめです。

共用部分の管理状況も確認

「リノベーション済み」物件では、専有部分が理想的でも、共有部分も管理が行き届いているか、リスクがなさそうかを確認するのがよいでしょう。
清掃状況など日常的な管理のほか、大規模修繕の計画などがされている物件は、安心感がありますね。

まとめ

「リノベーション済み」マンションについて、メリットや注意点などを解説しました。
新築物件や中古物件のよいところをあわせ持った魅力がありますね。
選ぶときには、この記事も参考にしてリスクなどにも注意し、ぜひ理想的な物件を検討してくださいね。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|購入した「投資用マンション」に住むことはできる?注意点もチェック   記事一覧   マンションの特別仕様「ペントハウス」で暮らすメリットやデメリット|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハウスゲート
    • 〒532-0002
    • 大阪府大阪市淀川区東三国4丁目2-4
    • TEL/06-6395-1570
    • FAX/06-6395-1571
    • 大阪府知事 (4) 第48737号

トップへ戻る

Social network