新大阪のマンション売却・購入|SUMURU > 株式会社ハウスゲートのスタッフブログ記事一覧 > マンションの購入と賃貸どっちがお得?メリット・デメリットや住居費を徹底比較

マンションの購入と賃貸どっちがお得?メリット・デメリットや住居費を徹底比較

≪ 前へ|マンション売却で「金額の交渉」が入ったときの対応!   記事一覧   区分投資と一棟投資の違いって?マンション投資のメリット・デメリット|次へ ≫

マンションの購入と賃貸どっちがお得?メリット・デメリットや住居費を徹底比較

マンションの購入と賃貸どっちがお得?メリット・デメリットや住居費を徹底比較

マンションの購入は、人生においてもっとも高い買い物です。そのため、購入か賃貸かで迷う人も多いでしょう。
この記事では、購入と賃貸それぞれのメリット・デメリットや、住居費について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

マンション購入のメリット・デメリット

マンション購入のメリット・デメリット

まずは、マンション購入のメリット・デメリットについて紹介します。

マンション購入のメリット

・資産になる
マンションを購入すると、自分の資産となり、子どもに相続することも可能です。
将来的に住み替えが必要になったとしても、売却して現金化したり賃貸に出して家賃収入を得たりと、選択肢が生まれます。

・自由にリフォームできる
マンション購入の場合、リフォームや間取りの変更などができる、自由の高さがメリットです。
賃貸では、オーナーから物件を借りている状態のため室内をカスタマイズすることができません。
自分の好きなテイストに合わせて室内をカスタマイズできる自由度の高さは、大きな魅力です。

・団体信用生命保険に加入できる
マンションを購入すると、団体信用生命保険に加入するのが一般的です。
団体信用生命保険とは、契約者の死亡または高度機能障害となった場合に、住宅ローンの返済が保険金からまかなわれる保険です。
賃貸だと、契約者が死亡または高度機能障害になった場合にも、家賃を払い続けなければなりません。
マンションを購入し団体信用生命保険に加入すれば、契約者に万が一のことがあった場合にも、家族の生活が守られる安心感が得られます。

・住宅設備が充実している
分譲マンションは、賃貸マンションと比べ、住宅設備が充実しています。
賃貸マンションで、分譲マンションと同等の住宅設備を求めると、賃料が割高になります。
そのため、設備にこだわる方は、マンション購入を検討するのも一つの選択肢です。

・ローンを払い終えると住居費の負担が軽減する
住宅ローンを払い終えると、月々の支払いは管理費と修繕積立費のみになり、負担が大幅に軽減します。
年金暮らしとなる老後を考慮すると、住居費の負担がかからないのは大きなメリットです。

マンション購入のデメリット

・設備の入れ替えは自己負担
マンションを購入した場合、キッチンや水回りの設備が故障したときの修繕費用は自己負担となります。
一般的なシステムキッチンだと、リフォーム費用の相場は100~150万円程度と、非常に高額です。
長年住んでいると、住宅設備の修繕は避けては通れません。
修繕が必要になったときのために、計画的に貯蓄しておくとよいでしょう。

・維持費や管理費が高い
マンションを購入すると、固定資産税や管理費、修繕積立費の支払いが続きます。
分譲マンションの管理費・修繕積立費は、築年数が古くなるほど割高になるため、年々負担が増加する可能性もあります。
住宅ローンの支払いが終われば毎月の負担は軽減されますが、老後も維持費や管理費の支払いが続くことを理解しておきましょう。

・引っ越しがしづらい
マンションを購入すると、転勤や家族構成に変化があったとき、速やかに引っ越せないのがデメリットです。
実際に売却活動を始めてから引っ越すまでは、半年程度かかります。
急な転勤を言い渡された場合、売却までに間に合わず、単身赴任を余儀なくされる可能性も。
そのため、マンション購入時は、ライフプランをしっかりと加味したうえで選択することが重要です。

・住宅ローンが負担になる場合も
住宅ローンを払い終えるまでには、数十年かかります。
急病や事故などで働けなくなるリスクを考慮すると、住宅ローンの支払いを精神的負担に感じてしまうことも。
そのため、自分の収入状況に合わせ、無理のない範囲で住宅ローンを組むことが重要です。
また、万が一の備えとして、病気になったときや就業不能になったときに保障される、保険への加入を検討するとよいでしょう。

マンション賃貸のメリット・デメリット

マンション賃貸のメリット・デメリット

次に、マンション賃貸のメリット・デメリットをご紹介します。

マンション賃貸のメリット

・状況に応じて住み替えができる
転勤や出産といった、ライフステージの変化に合わせて、住み替えが必要になる場合もあるでしょう。
また、近隣住民とのトラブルや騒音に悩まされる可能性も、ないとは言い切れません。
そんなとき、賃貸なら速やかに住み替えが可能です。
マンションを購入すると、気軽に住み替えることができません。
引っ越すとしても、買い手が見つかるまでは数ヶ月かかるのが一般的です。
そのため、状況に応じて住み替えをしたいという方は、賃貸マンションを選ぶとよいでしょう。

・修繕費用がかからない
賃貸の場合、キッチンや水回りの設備が故障しても、修繕費を負担する必要はありません。
また、外壁の修繕や災害によって修繕が必要になった際も、物件のオーナーが全額負担します。
一方、分譲マンションでは、建物の修繕は毎月積み立てている修繕費用から捻出しなければなりません。
そのため、災害時や設備が故障したときのような事態を想定すると、賃貸はリスクが低いといえます。

・金銭的に縛られない
マンションの購入は、人生の中でも最大の買い物です。
住宅ローンが何十年も続くことを考えると、心理的に負担に感じる人も多いでしょう。
そのため、住宅ローンに縛られず生活できるのは、賃貸のメリットといえます。
ただし、賃貸に住み続ける場合は、老後も家賃を払い続けなければならないことや、働けなくなった場合のことを想定した物件選びが重要です。

マンション賃貸のデメリット

・家賃を払い続けても資産にならない
賃貸の場合、家賃を払い続けても自分の資産にはなりません。
持ち家がないと、一生家賃を払い続けることになります。
老後は、生活費に加え、医療費や介護費用もかかるため、毎月支払う家賃が大きな負担となる可能性も。
一生賃貸で暮らすのであれば、ある程度の蓄えが必要です。
また、万が一の事態に備え、就業不能保険や生命保険などの加入を検討しておくと安心です。

・リフォームができない
マンション賃貸の場合、オーナーから物件を借りている状態です。
そのため、自由に間取りを変えたり、壁紙を変えたりすることができません。
壁の穴や床の傷一つが修繕の対象となるため、自由度の低さをデメリットと感じる人もいるでしょう。

購入と賃貸の住居費比較

購入と賃貸の住居費比較

続いては、マンション購入と賃貸、それぞれ50年間住み続けた場合、住居費にどれほどの差が生まれるのか比較してみましょう。

マンションを購入した場合


●購入価格:3,500万円
●頭金:100万円
●諸費用:175万円(購入価格の5%)
●住宅ローン借入額:3,400万円
●返済期間:35年(固定金利1.2%)
●返済額:9万9,178円/月
●修繕積立費:1万2,000円/月
●管理費:1万5,000円/月
●合計金額:6,060万4,760円

マンション賃貸の場合


●家賃:10万円
●共益費・管理費:1万円
●更新費用:10万円(2年に1度)
●敷金:20万円(2ヶ月分)
●礼金:20万円(2ヶ月分)
●仲介手数料:10万円
●合計金額:6,890万円


このように、50年住むことを仮定すると、マンションを購入したほうがお得です。
ただし、購入する物件や条件によっては当てはまらないこともあるため、一つの目安としてください。

まとめ

マンション購入と賃貸、それぞれのメリット・デメリットや、住居費について紹介しました。
マンションを購入するか賃貸にするか、どちらが良いかはライフプランによって異なります。
気軽に住み替えられる賃貸を選ぶのか、購入して資産をつくるのかを決めるには、双方のメリット・デメリットを理解することが重要です。
金銭面だけではなく、今後のライフステージや老後のことを考慮したうえで、自分と家族に合った選択をしましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|マンション売却で「金額の交渉」が入ったときの対応!   記事一覧   区分投資と一棟投資の違いって?マンション投資のメリット・デメリット|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハウスゲート
    • 〒532-0002
    • 大阪府大阪市淀川区東三国4丁目2-4
    • TEL/06-6395-1570
    • FAX/06-6395-1571
    • 大阪府知事 (4) 第48737号

トップへ戻る

Social network