新大阪のマンション売却・購入|SUMURU > 株式会社ハウスゲートのスタッフブログ記事一覧 > 中古マンションを購入してリノベーションするメリットとデメリットとは

中古マンションを購入してリノベーションするメリットとデメリットとは

≪ 前へ|中古マンション購入前に内見で見ておきたいチェックポイントとは?   記事一覧   タワーマンションの低層階に住むメリットやデメリットとは!|次へ ≫

中古マンションを購入してリノベーションするメリットとデメリットとは

中古マンションを購入してリノベーションするメリットとデメリットとは

「リノベーション」という言葉を聞いたことがある人は多くなってきていると思います。
リフォームをお洒落にしたものを「リノベーション」だと思っている人もいます。
リフォームを大規模にしたものを「リノベーション」だと思う人もいるでしょう。
実際、リフォームとリノベーションはどのように違うか、知っている人は少ないかもしれません。
今回の記事ではリフォームとリノベーションの違いや、リノベーションのメリットやデメリットをご紹介し、中古マンションを購入してリノベーションを考えている人に参考にしていただけるようにまとめました。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

リノベーションとリフォームの違い

リノベーションとリフォームの違い

中古マンションを購入して、リノベーションかリフォーム工事をして住みたいと思っている人は多いと思います。
リノベーションとリフォームの違いを知っている人はそれほど多くないかもしれません。
中には、同じ意味でリノベーション、リフォームという言葉を使っている人もいます。
改修工事という意味ではリノベーションとリフォームは同じ部分があるかもしれませんが、この二つは工事の内容が変わってきます。

リフォームとは

老朽化してしまった物件を新築の状態に直すことは、通常はリフォームと呼ばれています。
原状回復とも呼ばれていますが、アパートやマンションなどの賃貸物件の場合、入居していた人が引っ越した後、住む前の状態の部屋に直すことがあります。
リフォームという言葉は英語で「reform」と書きます。
「reform」というのは、悪い状態から改良するという意味を持っています。
リフォーム工事とは、一般的に、老朽化や汚れに対して直したり新しくしたり、綺麗な状態に戻すことを言います。
どちらかと言うと、マイナスだった状態の部屋をゼロの状態に直すというニュアンスです。
壁紙の張替え作業や、外装の塗り直し、台所まわりの整備を新しくするなどといった工事のことをリフォームと呼んでいます。

リノベーションとは

リノベーションとリフォームには違いがあります。
一般的に、住宅環境を向上させたり、住まいの価値を上げたりするために、物件に大規模な工事をすることをリノベーションといいます。
リノベーションという言葉は英語で「renovation」と書きます。
「renovation」というのは、修復、革新、刷新などの意味を持っています。
リノベーション工事とは、一般的に、新たな価値を付け加えたり、機能を向上させたりすることです。
リノベーション工事をする場合、リフォームと違い、デザイン性の高い改良を取り入れたり、間取りなどをおしゃれに変えたりすることもあります。

リフォームとリノベーションの違いとは

近年では、リフォームとリノベーションという言葉の違いが曖昧になってきています。
きちんとした線引きはされていないことが多いです。
大きな違いは、住居の性能を変えたり向上させたりすることと、工事の規模でしょう。

住居の性能について
物件が新築だった時よりももっと良い性能に変える工事のことを、リノベーションと言います。
住居の中に新しく事務所スペースを設けたりすることもリノベーションと呼ばれていますが、このような用途の変更がある工事の場合は、コンバージョンと呼ばれることもあります。

工事の規模について
規模の小さな工事は、だいたいリフォームとなります。
壁紙を張り替えたり、台所の設備やユニットバスを入れ替えたりする工事のことです。
水道・排水管や冷暖房の設備を交換するような大規模工事の場合は、リノベーションとなります。

リノベーションのメリット

リノベーションのメリット

最近では、中古マンションを借りてリノベーションする人も増えてきています。
新築マンションも良いですが、自分のライフスタイルや条件に合う中古マンションを購入し、自分好みの改装をするのも良いですね。
リノベーションという言葉も注目を集めてきてるので、メリットもご紹介します。

物件選びの選択肢が増す

不動産会社への問い合わせで、物件選びがうまくいかず、探すことにつかれたという内容は多いそうです。
新築にこだわって物件選びをすると、なかなか希望する条件内でぴったり合う物件を探し出すのが難しく、苦労することがあります。
良い物件を見つけたとしても、値段が高すぎるなど、手が出せない物件である可能性もあります。
中古マンションの場合、条件の合う物件が見つかるかもしれません。
住居をリノベーションすることで、新築のように綺麗な部屋にすることができますし、デザイン性の高いおしゃれな空間にすることも可能です。

コストが低い

物件探しの際、新築マンションを探すとどうしてもコストが高くなります。
良い条件で人気のエリアだと、金額設定が高くなってしまうのは仕方のないことです。
中古マンションにリノベーションをする場合、うまく工夫すれば数百万円で工事ができる可能性もあります。
どうしても住みたいエリアにこだわりがあったり、駅から近くなど希望条件があったりする場合は、中古物件を購入してリノベーションして住むのも良いでしょう。

ライフスタイルに合わせられる

新築のマンションを探して住む場合、新しい住まいに合わせて自分のライフスタイルの形を変えるというスタイルだったと思います。
これからは、好きな物件を探して、中古でもリノベーションをして住むということが可能になってきています。
自分のライフスタイルに合わせて、住まいの形を変えることができるのです。

リノベーションのデメリット

リノベーションのデメリット

リノベーションはメリットがたくさんありますが、デメリットもあります。
中古マンションをリノベーションする場合、前もってデメリットも知っておいた方が良いでしょう。

すぐに住めない

リノベーションを行う際、購入した住まいにすぐ住むことはできないと思っていた方が良いでしょう。
リノベーション工事の規模や内容によって差はありますが、マンションを購入したあと工事に入るので、引き渡しまで時間がかかるのが一般的です。
ケースによっては、3ヶ月から6ヶ月ほど時間がかかることもあります。
新しい住まいを購入したら、すぐに引っ越して暮らし始めたいと思いますが、リノベーションの内容を頭に入れて、引っ越し時期などを見極めましょう。

想定外の瑕疵

中古で物件を購入する場合、買う前は状態が良さそうに見えても、買った後以外と瑕疵が見つかるケースがあります。
柱にひびが入っているケース、排水設備に水漏れがあるケースなどです。
想定外の瑕疵が見つかると、リノベーション費用の他にも、補修工事の費用もかかってきます。
瑕疵があるままの住まいで暮らすとデメリットが大きいでしょう。
補修工事の可能性も考えながら、中古マンション探しをしましょう。

希望どおりできない可能性

リノベーションというのは、基本的に、建物の全体を改修工事することになります。
全体を工事するので、設備や間取りなどの変更もできます。
建物によっては、リノベーションできる範囲が決まっているケースもあり、すべて希望どおりにリノベーションできるわけではありません。
マンションの場合は、隣に住んでいる人や、上の階や下の階の住人に迷惑をかけない範囲で工事をすることになります。
建物自体を作り変えることはできないので、柱を取り除けなかったり、外装を変えたりすることまではできません。
マンションによっては、管理規約があり、リノベーション工事に制限があることもあります。
オール電化に変更したり、床材を変えたりする大規模工事の場合も、マンションで決められているものから変更できないケースもあるので注意しましょう。

専門家に相談しよう

工事をする前に、リノベーション業者や担当の建築士が判断してくれます。
この範囲の改修工事なら可能、この工事は不可能という判断をしてもらえるので、専門家と相談しながら工事の内容を決めていきましょう。
中古マンションを購入しても、希望していたような改修ができない可能性もあります。
購入する前に、事前に住まいのイメージを作っておき、リノベーションはどうようなことが可能なのか一つ一つ検討していくことが大切です。

まとめ

リノベーションという言葉は最近よく使われるようになってきました。
住まいを探しているうちにこの言葉と出会う人もいると思います。
リフォームとリノベーションの違いが曖昧なままだと、改修工事の際にイメージが湧きにくいかもしれません。
中古マンションをリノベーションする際は、希望の住まいのイメージを作り専門家と相談しながら行いましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|中古マンション購入前に内見で見ておきたいチェックポイントとは?   記事一覧   タワーマンションの低層階に住むメリットやデメリットとは!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハウスゲート
    • 〒532-0002
    • 大阪府大阪市淀川区東三国4丁目2-4
    • TEL/06-6395-1570
    • FAX/06-6395-1571
    • 大阪府知事 (4) 第48737号

トップへ戻る

Social network