新大阪のマンション売却・購入|SUMURU > 株式会社ハウスゲートのスタッフブログ記事一覧 > ルーフバルコニー付きマンションの特徴と活用方法をご紹介

ルーフバルコニー付きマンションの特徴と活用方法をご紹介

≪ 前へ|マンションの購入を検討中の方必見!あると便利な設備などを解説   記事一覧   不動産投資を始めたばかりの方必見!確定申告に必要な書類や注意点を解説|次へ ≫

ルーフバルコニー付きマンションの特徴と活用方法をご紹介

ルーフバルコニー付きマンションの特徴と活用方法をご紹介

マイホームを購入するとき、ルーフバルコニー付きのマンションに住みたいと思う憧れを持つ方も多いのではないでしょうか?
ルーフバルコニー付きのマンションを購入すると、休日にゆっくりくつろいだり、趣味のガーデニングを楽しむこともできます。
この記事では、ルーフバルコニー付きのマンションを購入した際のメリットと、バルコニーの上手な活用法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

ルーフバルコニー付きマンションの特徴とは

ルーフバルコニー付きマンションの特徴とは

ルーフバルコニー付きマンションとは、その名のとおりルーフバルコニーがついているマンションのことです。
ですが、ルーフバルコニーの特徴についてしっかり理解できている方も少ないのではないでしょうか?
よく似たものに、普通のバルコニーやテラスなどあるためその違いとともに特徴をご紹介していきます。

ルーフバルコニーとは

ルーフバルコニーとは、下の階の屋根上に作られたスペースのことをいいます。
特徴としては、ベランダやテラスと比較して面積が広く、周りを手すりや柵で囲われており日当たりがいいのも特徴です。
周りを手すりや柵で囲われているので、安全に利用することができ、面積が広いのでさまざまなことをおこなうことができます。

バルコニーやテラスとの違い

ルーフバルコニーとよく比較されるものとして、バルコニーやテラスがありますが、特徴はそれぞれ異なります。
バルコニーは、下階の上にあるのではなくマンションから外にせり出しているスペースに作られています。
手すりなどで囲われている点は同じですが、バルコニーはスペースが狭く、屋根がついていることが一般的です。
ですので、ルーフバルコニーのように広くスペースを利用したり、日光浴をするといったことはできません。
次にテラスは、1階にあり建物からせり出した屋外スペースのことをテラスといいます。
バルコニーと違いは、スペースがある階数です。
テラスは1階にある屋外スペースのことを指し、基本的に屋根もついていないのが特徴です。

インナーバルコニーとは

ルーフバルコニーや通常のバルコニーとは別にインナーバルコニーというものもあります。
インナーバルコニーとは、建物の一角が屋外空間となっており、2階の屋根下にあるスペースのことを指します。
バルコニーよりスペースが広いため広々使えるのが特徴です。
また、屋根がついた屋根下スペースにあるので、ルーフバルコニーと違い雨風を凌ぐこともできます。
ですので、ルーフバルコニーとバルコニーの良い所取りしたのがインナーバルコニーとなります。

ルーフバルコニー付きマンションに住むメリット

ルーフバルコニー付きマンションに住むメリット

ルーフバルコニー付きマンションに住むメリットは主に5つあります。
それぞれ解説していきます。

空間を広々使える

ルーフバルコニー付きのマンションを購入すると、屋上を広々使用することができます。
通常のバルコニーやインナーバルコニーと比較して、スペースが非常に広いので自分好みにインテリアを配置したり、趣味を楽しむスペースとして活用できます。

人の目を気にせずに過ごせる

ルーフバルコニーが付いているマンションは、高層階にあるので、周囲の目を気にせず過ごすことができます。
低階層のマンションなどでは、周囲から見られることがあるので、そういった目を気にしなくて済むのも大きなメリットといえます。

日当たりが良い

ルーフバルコニーは、基本的に周囲には高い建物もなく見晴らしがいいので、日光の光を浴びながら開放的な生活ができます。
また、周囲に高い建物が少ないので風通しもよく洗濯物なども非常に乾きやすくなるといったメリットがあります。

部屋を広くみせる効果がある

ルーフバルコニーがついていると、室内にいるとき部屋を広く見せてくれる効果があります。
室内の延長線上にバルコニーがあるので、室内が広くなったように感じ、同じ間取りでも全然感じ方が違ってきます。
とくに、室内の床とバルコニーの床が同調色になっている場合は、通常よりさらに室内が広く感じるので、室内を広く見せたい方は床の色を合わせてみてください。

室内を覗かれにくくする効果がある

ルーフバルコニーがあると室内を覗かれにくくなるので、防犯対策にもつながります。
室内を覗こうとしても、バルコニーがあるため室内までの距離が長くなり中を見られにくくなるのです。
また、バルコニーに植物などをおくことでさらに室内が見えにくくなるので、安心して生活をしたい方にとってはとても大きなメリットといえるでしょう。

マンションに付いているルーフバルコニーの活用法

マンションに付いているルーフバルコニーの活用法

ルーフバルコニーは、その広さと使い勝手の良さをいかしてさまざまなことができます。
活用法次第で生活が大きく変化するので、ここでご紹介する活用法を参考にしてみてください。

家具を置きリラックスできるスペースを作る

ルーフバルコニーには、広々した空間があるので、椅子や机をおき自分だけのリラックススペースを作ることができます。
室内でリラックスできないようなときでも、バルコニーにリラックスできる空間を作っておくことで、ストレスをうまく解消しながら生活をすることができます。

日光浴を楽しむことができる

ルーフバルコニーは、日当たりがいいので日光浴を楽しむことができます。
もちろん、日光浴だけでなく、ヨガやストレッチといった運動をしてもいいでしょう。
太陽の光を浴びることで、体調を整えることもできるので、バルコニーを使い運動や日光浴をしてみてください。

洗濯物を一気に乾かせる

ルーフバルコニーでは、大量の洗濯物を一気に乾かすことができます。
広々としてスペースがあるのにくわえて、風通しがよく日光も当たるので場所なので、洗濯物を一気に干し乾かすことができます。
とくに家族が多い家庭では、活用しない手はないでしょう。

植物を置いてガーデニングを楽しめる

ルーフバルコニーは、植物を育てる環境にも適しているといえるでしょう。
日当たりと風通しの良さは、植物が育つのに必要な要素なので、バルコニーを使いガーデニングを楽しむことができます。
また、広々とした空間を使用できるので、室内に置けないような大きな植物でも安心して育てることができます。
さらに、植物を育てグリーンカーテンを作ることで、夏場は涼しい空間を作ることもできるので、ガーデニングをする方はこのような使い方をしてみるのもいいでしょう。

友人を呼び遊ぶことができる

ルーフバルコニーの広々した空間を利用してバーベキューをしたり、趣味を楽しんだりできます。
近年では、外出して遊んだりバーベキューをしたりするのはしにくい状況ですが、自宅のバルコニーであれば気兼ねなく楽しむことができます。
広いスペースがあればアウトドアのような趣味も楽しめますし、バーベキューをしても屋外なのでにおいや煙を心配する必要もありません。

子どもの遊び場として利用できる

ルーフバルコニーを子どもの遊び場として使うことができます。
子どもを外で遊ばせるのが怖いといった方は、子どもが遊べるスペースを作ることで安心して子どもを遊ばせることができます。
一般の住宅ではできないようなプール遊びだったり、遊具を使った遊びも広い空間があれば問題なく行えます。

まとめ

今回は、ルーフバルコニー付きのマンションの特徴と活用方法をご紹介しました。
ルーフバルコニーがあれば、周囲の目を気にせず広々した空間を利用できるので、リラックスして生活したい方や、小さなお子さんがいる家庭にはぴったりといえるでしょう。
うまく活用できれば、生活の質も向上するので、この記事を参考にさまざまな活用をしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|マンションの購入を検討中の方必見!あると便利な設備などを解説   記事一覧   不動産投資を始めたばかりの方必見!確定申告に必要な書類や注意点を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハウスゲート
    • 〒532-0002
    • 大阪府大阪市淀川区東三国4丁目2-4
    • TEL/06-6395-1570
    • FAX/06-6395-1571
    • 大阪府知事 (4) 第48737号

トップへ戻る

Social network